0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「カナカナ」

 大島拓「カナカナ」再見、

 県多乃梨子は結婚のことなどで親とよく言い合っていたが、ある時親のいない思春期の少年の世話をし始める。

徐々に少年を育てることに意義を感じ始めるが。








 大島拓の長編デビュー作。

 年上の女が思春期の少年を育てるという、まるで年下好きのOLの欲望をそのまま描いたような設定の映画。

 なんとなく、だから設定的には今のAVの義母ものや熟女ものに似ているのだが、もっともらしく思春期の年下少年を育てるなんて言ってるが結局お互い異性を意識し合うことになり、そういう顛末に至るわけだから、別に設定と流れは今の義母ものや熟女ものAVのよくあるパターンと重なる。

 しかしその手のAVが見え透いた設定からかなりベタに絡みに入ってAVらしくなっていくのと比べると、こちらは年上女の気持ちや欲望の推移と思春期少年が女を意識していく微妙な感慨をかなり繊細に捉えている。

 まあそれはあからさまに言ってしまえば、AVのよくあるパターンをムッツリスケベに描いただけだとも言えるが(苦笑)しかしこの微妙な欲望混じりの心理の推移を繊細に描いたタッチはかなり秀逸なもので、特に思春期少年が年上女の県多におんなを感じてドキリとしているシーンの生々しさはそうそう描けるものではないリアルさである。

 全体的にそういう裏の欲望と気持ちの推移が微妙かつ繊細に生々しく描れているところがよくて、しかし表面はあくまで綺麗事じみたことを言わせているところにエリック・ロメール的いかがわしさも感じられる、中々佳作な一篇。



カナカナ [DVD]カナカナ [DVD]
(2001/01/26)
県多乃梨子、松崎健二 他

詳細を見る


青い体験〈無修正版〉 [DVD]青い体験〈無修正版〉 [DVD]
(2001/08/30)
ラウラ・アントネリ、アレッサンドロ・モモ 他

詳細を見る




2013/06/02(日) 13:40:32 その他 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1353-3f5d73ff