0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「復讐のハイウェイ」

 フランシス・デリア「復讐のハイウェイ」再見、

 ダーラン・フリューゲルの看護婦はハイウェイで無差別に人を殺すサイコ殺人鬼に夫を殺され復讐を誓う。

 正体不明の相手に刑事の協力を得てリベンジしようとするが。





 ビリー・ドラゴがヨハネの黙示録に基ずき、神のお告げに従って殺人を犯すらしい元神父のサイコキラー役をやっている映画。

 ダーラン・フリューゲルはクールな顔立ちだけど表情は妙に不安気だったりするので、まあサイコキラーを怖がりながら気丈にも殺された旦那の復讐に乗り出す女の役には合っている。

 こちらはビリー・ドラゴファンとしてこの映画を見ているのだが、このサイコキラー役、ドラゴにピッタリなキャラだとは思うけど出番が少なくて描き方もイマイチなので、もうちょっとドラゴの個性を生かした演出をしてもらいたかったなとも思う。

 まあビリー・ドラゴは何と言ってもあの顔が素晴らしいのだが、その顔の魅力を生かしきっているとも言い難い。

 それなりにサスペンスもアクションも描かれているが、妙にもっさりした感じが全体にして傑作とは言えない映画だ。

 とは言え、まあそれほど悪くもなく、サスペンス活劇としてはまあまあといったところか。

 この映画が公開された1980年代後半の頃はヒューマックス・ピクチャーやギャガ・コミュニケーションズなどが毎週入れ替えぐらいのペースで新作のB級C級アクション映画の二本立て興行をバンバンやっていて、そういう映画を上映する専門の劇場もありよく通ったものだった。(確かジョイパック系)
 
この映画も初見はその辺りだが、まあ毎週楽しみな時代ではあった。

 今ならDVDストレート組だろうに、こういう映画を80年代末にもなって映画館でちゃんと公開してた時代があったなってことが懐かしくもある一篇。


 
復讐のハイウェイ [VHS]復讐のハイウェイ [VHS]
(1989/08/04)
ダーラン・フリューゲル、ビリー・ドラゴ 他

詳細を見る


インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~ [DVD]インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~ [DVD]
(2007/05/25)
工藤夕貴、ビリー・ドラゴ 他

詳細を見る
2013/05/26(日) 13:41:22 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1347-cdf36388