0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「ノーパン女教師」

 
ノーパン女教師 [DVD]ノーパン女教師 [DVD]
(2002/08/19)
黒沢愛

詳細を見る


 川野浩司「ノーパン女教師」、

 黒沢愛はある高校の教師になるが、そこで真咲紀子の女教師と出会い、レズ関係のように仲良くなっていく。

 生徒の中には巨乳な黒沢に嫌がらせする男子もいたが真咲が牽制していた。

 しかしある時生徒からの脅しを止めさせるため、黒沢はノーパンで屈辱的な授業をやらされるがそれには冷酷な裏があった。




 

 女教師を描いた作品。

 とは言え前半はレズな絡みばかりだし、または生徒がいたずらに黒沢を挑発してのエロシーンばかりである。

 まるでストーリー無しの無内容洋ピンのように展開するが、しかし黒沢がノーパンで授業をやらされた後の終盤に、多少ドラマ的な展開がある。

 それによって前半野天気に描かれた楽天的なレズ関係は全て嘘っぽい罠だったことが発覚し、最後は黒沢が裏切り者に復讐して全てを吹っ切って終わっていく。

 まあそう誉められた出来ではないし(苦笑)途中までの黒沢の巨乳ばかりクローズアップした描写はラス・メイヤー映画というより普通のAVみたいだが、終盤に来てなんとか多少ドラマ的にはなる。

 黒沢の演技は最後まで素人同然だし(苦笑)まるで低レベルな出来だが、それでもレズ関係になり仲良くなっていく女同士をスタイリッシュなセミドキュメント風に捉えた前半のシーンなどはちょっとだけ印象に残る一篇。

2013/05/08(水) 13:59:15 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1333-71cca3bc