0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「夕陽が呼んだ男」

 水川淳三「夕陽が呼んだ男」、

 森田健作は下町の藤岡琢也のところで働いていたが、金持ちの息子藤岡弘、一派と対立していた。

 森田には尾崎奈々の恋人がいたが、ある時藤岡琢也らの土地が地主に売られてしまい、下町の人たちは窮地に立たされる。

 藤岡弘、は尾崎を連れ出してマリファナパーティでいかがわしいことをしようとするが、森田が尾崎を助ける。

 土地の住民には建設会社が立ち退きを要求してくるが、実は森田は建設会社の辰巳柳太郎の孫でなんとか建設を止めるように懇願するが聞き入れてもらえない。



 

 森田健作主演の土地立ち退きをめぐる青春映画。

 藤岡弘、がいかにも気取りまくった金持ちの道楽息子を演じていて笑わせるが、森田は毎度の青春スター演技である。
 
 尾崎の兄・左とん平が一番せこい小悪党なのに最後まで咎めらずに終わってしまうのが変だが、最後は下町住民や森田と辰巳の間で和解する展開である。

 だが途中辰巳の孫なのに下町住民の味方の森田が難しい立ち位置になるが、その時フった感じの女が左と金持って逃げてしまったのだから左の逃避行に拍車をかけたのは森田とも言える。

 そのことで金がなくなり藤岡琢也らは暗転していくが、全体的に展開はわりとフレキシブルに描かれている。

 竹脇無我が実は森田の従兄で話の分かる悪役立場の役を演じているが、中々役に合っている。

 まあそう大した出来でもないが、それでも面白くは見られるし、森田の歌やベッツィ&クリスや森山加代子の歌などが劇中歌われ、歌謡映画風味も含んでいる一篇。


夕陽が呼んだ男 [VHS]夕陽が呼んだ男 [VHS]
(1985/03/21)
森田健作

詳細を見る


恋の季節 [DVD]恋の季節 [DVD]
(2006/01/28)
奈美悦子、森田健作 他

詳細を見る
2013/05/04(土) 13:46:32 松竹 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1329-7d34a976