0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「スター毒殺事件」

 
新東宝映画傑作選 スター毒殺事件 [DVD]新東宝映画傑作選 スター毒殺事件 [DVD]
(2002/09/01)
天知茂、 他

詳細を見る


赤坂長義「スター毒殺事件」何度目かの再見、

 天知茂は映画スターだったが婚約真近の恋人・万里昌代をスターにしようとして撮影所に紹介するが、人気スターの江見俊太郎が万里を見初め、そのうち万里も満更でもなくなり、二人はコンビを組んで人気を伸ばす。

 天知は江見への嫉妬をつのらせるが、万里は明らかに江見に心変わりしていた。

 天知は三原葉子に言い寄られて万里に当て付けるように逃避行するが、江見と万里がベッドを共にする姿を目撃して狂い出してしまう。



 

万里昌代をファムファタールにしたノワール犯罪映画。

 とは言え、万里のような美人を、周りに「早く嫁さんにすればいいのに」と言われてるのに女優にしようとした天知にどう見ても間違いがあり、案の定人気スターの江見に素人同然の万里を天知は奪われ、人生をそのまま狂わせる展開である。

 お話しや設定はシンプルなもので、結局スター毒殺事件に至り、天知が万里昌代というファムファタールのために破滅していく展開だが、しかし三原葉子に言い寄られても、それを袖にして万里に執着する天知という設定には説得力があり、万里昌代がそんなファムファタール役にはあまりにもピッタリなので、映画自体は新東宝ノワール的に納得出来るものになっている。

 万里の妖艶なダンスシーンや露出の多いシーン、ラブシーンや絡みのシーンなどもわりと多くあり、万里昌代の妖しい超美貌が煌めく映画としても説得力のあるものになっている。

 天知茂も万里のために狂っていく男の役には合っていて、内容的にはシンプルだがファムファタールを描いた新東宝ノワール映画としては十分に魅力ある一篇。
2013/04/09(火) 14:41:12 新東宝 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1305-5df5c3f4