0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「爆裂!パチンコエンジェル」

爆裂!パチンコエンジェル [DVD]爆裂!パチンコエンジェル [DVD]
(2012/09/07)
小川あさ美

詳細を見る


相羽誠聡「爆裂!パチンコエンジェル」、

小川あさ美は昼はパチンコメーカーに勤める、男性社員憧れのOLだったが、夜になると爆裂エンジェルと呼ばれるパチンカーとしてパチンコ店に出没し毎回爆裂していた。

小川はエリート社員と婚約していたが、そこにヤンキー時代の彼氏、吉岡睦雄がやって来て金を無心する。

吉岡はヤクザに騙されてインチキな攻略法に引っかかり大きな借金があった。

結婚を控え、過去を清算したい小川は吉岡に貯金を渡すが、吉岡はそれを使って逃げることが出来ず、帰ってきてしまう。

仕方なく小川はパチンコで吉岡の借金を返そうとするが、不意に吉岡をハメたヤクザたちの裏工作をみつけてしまう。






女パチンカーを主役にしたエロ系喜劇Vシネマ。

小川あさ美は「おねマス」ではバカキャラ一辺倒なので、結構ちゃんとした芝居をしているのが意外に感じられたりもするが、まあ単体でAV作品も多いし、このぐらいは普通にこなすのだろう。

この手の作品としては実に定番な出来と内容だが、吉岡睦雄がここでは純情中年ではなく、元ヤンキーのチンピラ彼氏役を演じていて、多少キャラは違うものの、ここでもお得意のダメだけどいい奴の役を好演している。

元ヤンキーがまともに生きていくためにちゃんとしたOLになったが結局…という題材を描いているが、それならヤンキー活劇Vシネマの奥渉や貝原クリス亮作品の方がメロウでうまいと思う。

お決まりのパターンをソツなくこなした作品という感じだが、小川のライバル役の女パチンカーでもいればもうちょっと盛り上がった気もする。

最後の小川と吉岡の絡みのシーンが少々長いのはサービスシーンなんだろうが、それでも吉岡睦雄が絡んでいると、妙にダメだけどいい奴が、それを女に理解されて受け入れられているシーン(そのように描いていると思うが)としての秀逸さが感じられたりもする。

定番でありがちな出来だが、そうつまらなくもない一篇。
2013/03/06(水) 02:23:01 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1271-8740f8f5