0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「実録テレクラ女狩り」

横山楽居(浩之)「実録テレクラ女狩り」、

あるテレクラ通の男がテレクラ体験談を語る。

西野奈々美と知り合った男は西野とセックスするが彼女は処女で、実は同級生にいじめられていた。

ある女は知り合ってから婚約者役を男に頼んできて、それで実家に男を招き仲良くなる。

また他の女はデリヘルのように細かいサービス管理と料金体系を作って男と会っていてかなりのやり手だった。






今やテレクラなんてまだあるのか(実際にはあるらしいが)と思うが、これは1999年の14年前の作品だからその頃なら下火になってはいたろうがまだそこそこあったような気もする。

テレクラ体験談を描いたオムニバス映画で、後の二つはなんてことない体験談ものという感じだが、西野奈々美が主演した一話目はなんとも寂しく悲しい内容でわりとドラマ性のあるものになっている。

西野の女子高生は同級生からイジメに遭っていて、処女をバカにされたのでテレクラで知り合った見知らぬ男と初体験し、たぶん貰った金をイジメている同級生に搾取されるのかもしれない。

なんとも西野奈々美の寂しい表情に追い詰められた少女の悲しさが出ていて、これだけは3つの挿話中中々よく出来てるように思える。

西野奈々美は当時AV女優だったがもう引退しているだろう。

この作品は、とうに盛りを過ぎたテレクラと引退したAV女優のメランコリックな好演の、その何もかもすでに終わっている祭りの後のような寂しい風土感に妙な味がある一篇。


実録テレクラ女狩り [VHS]実録テレクラ女狩り [VHS]
(1999/01/01)
不明

詳細を見る


横山浩之の一応ミステリ映画
フィールズ・エンジェル [DVD]フィールズ・エンジェル [DVD]
(2004/06/25)
森下千里、小沢仁志 他

詳細を見る
2013/02/04(月) 13:16:57 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1241-7e2dc919