0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

追悼 森光子

 
時間ですよ 1971 BOX1 [DVD]時間ですよ 1971 BOX1 [DVD]
(2006/08/25)
森光子、船越英二 他

詳細を見る


 森光子さんが92歳で亡くなられた。

 生涯現役の女優さんで2000回公演を突破した林芙美子の「放浪記」の舞台が最も有名であり代表作だろう。

 テレビでは「時間ですよ」や「3時のあなた」の司会などが印象深かった。

 映画より舞台やテレビの方が有名だったり注目を集めていたりするが、映画には子役として14歳でデビューしており、「グアム島珍道中」や前田陽一の「喜劇 冠婚葬祭入門」や成瀬巳喜男の「乱れ雲」、勝新の「悪名」シリーズや「喜劇駅前」シリーズ、「モンローのような女」や鈴木英夫の「その場所に女ありて」などに出ていたが、やはり映画作品において一番印象深いのは井上和男監督の主演作「「可否道」より なんじゃもんじゃ」である。

 錯綜する人生のプロセスをコミカルかつもがきながら生きている女の生態を演じたこの映画での好演は、やはり役が森さんによく合っているのもあって、まさに「なんじゃもんじゃ」な人生を生きている女のおかしさと哀しさを体現していたと思う。

 森光子さん、ご冥福をお祈り致します。




2012/11/15(木) 13:39:10 R・I・P トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1159-d2b2b84d