0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『ゾンビーバー』




ジョーダン・ルービン『ゾンビーバー』、

ある時、トラックに積まれていた汚染廃棄物が、ビーバーが棲息する湖に落下する。

湖の周辺にコートニー・パームら女子3人組がキャンプにやって来るが、謎の影を感じて怪しんでいると、それはそれぞれの恋人や元彼で、男女らはそこから乱痴気騒ぎになる。

だが、風呂場に凶暴なビーバーが現れ、なんとか殴り殺すものの、その死体が消えてしまい、それから多くの凶暴なビーバーが襲来し、殺してもビーバーは実はゾンビ化しているので復活して襲いかかってくる。





ゾンビ化したビーバー=ゾンビーバーがキャンプにやって来たバカカップルの一行を襲うパニックホラー・バカコメディ。

ビーバーはゾンビとは言え、マペットで妙に可愛らしい。

『ハングオーバー』シリーズのスタッフが参加しているおふざけホラーで、男女カップルの乱痴気騒ぎやバカげた絡みが描かれる中、そこにゾンビーバーが襲来し、ひたすらマペットの可愛らしいビーバーを叩き殺すシーンに発展する。

バカな男女らしい痴情のもつれの挿話もそこに絡んで、コミカルにお話は展開するが、まあホラーとしてはやたらにヌルいものだし、コメディ映画としてもそれなりの出来である。

しかしラストに流れるわりと本格的なジャズヴォーカル曲である「ゾンビーバーのテーマ」が中々決まっていて、おふざけにエスプリが効いている。

曲やヴォーカルは本格的でも、歌詞の中身はこの映画のテーマ曲らしく極めてショーもないが、ラストにこういうテーマ曲を持ってくる『ダイ・ハード』のパロディみたいなセンスは悪くない。

ZOMBEAVERS Theme Song

バカな男女を演じている役者陣も主演のコートニー・パーム他それぞれ個性があって、わりと好演しているとは思う。

大した映画では全くないが、エンディングまでキッチリおふざけに徹してはいる一篇。 2017/08/22(火) 00:07:13 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ