0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「黒の天使 VOL.1」




石井隆「黒の天使 VOL.1」再見、

ヤクザの抗争が勃発し、幼少期に親を目の前で殺された葉月里緒菜は、若頭の飯島大介の自己犠牲と、黒の天使と言われた女ヒットマン・高島礼子に助けられアメリカに逃げる。

数年後、大きくなった葉月はヒットマンとなり、親の復讐のため日本に帰国。

跡目を継いだ元幹部の根津甚八は、今やヤクザ社会を支配していた。

だが義姉の小野みゆきは根津の愛人となり、リスペクトしていた高島がヤク中になり、根津の情婦になっていることに葉月はショックを受ける。



石井隆の女殺し屋を主人公にしたノワール活劇映画。

冒頭抗争の最中、葉月(の子供時代)を助けてヤクザを殺しまくる高島がかなり決まっているが、高島はその後ヤク中に凋落し、大人になって復讐のため帰国した葉月が幻滅してしまうシーンは二人にとって辛いシーンである。

石井隆的光と影のノワール映像が終始効いている中活劇が展開するので、シンプルな筋のお話だがわりと飽きずに観てられる。

根津甚八、鶴見辰吾、椎名桔平ら石井隆映画の常連がきちんと脇を締め、その中で葉月が暴れまわる展開になっているが、それでも葉月が相棒役の山口祥行とホテルでヒップホップダンスを踊るシーンなどは余計だろう。(苦笑)

結局葉月の本当の父を巡る話などでドラマが深まってはいくものの、まあ映画ではありがちな数奇な運命ってやつが描かれるばかりで大した捻りもないが、ただそれを描く光と影の石井隆的ノワール映像が悪くないので最後までわりと引っ張っている。

葉月里緒菜は悪くはないけど、随所に出てくるガキっぽい芝居が興醒めさせるが、それでも役には合ってる方だろう。

小野みゆきにはもう少しギラついた役をやってほしかったが、その存在感が石井隆ワールド構築に一役買ってはいる。

飯島大介が随分目立ついい役をやっているところなどは、中々ナイスなキャスティングである。

これで完全にいいわけではないし、石井隆ならもっとエグい展開にすべきだろう、もう少し何とかなりそうなものだが…とも思うのだが、それでもシンプルなお話を石井隆ワールドのテイスト全開のノワール映像で描ききったところなどはわりと良い、そう悪くもない一篇。




2015/10/31(土) 04:56:56 松竹 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ