0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「ラヂオの時間」

 
ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]
(2005/12/23)
唐沢寿明、鈴木京香 他

詳細を見る


 三谷幸喜「ラヂオの時間」何度目かの再見、

 生放送のラジオドラマを控えた緊張しているスタジオにて、初めて書いた脚本が採用された主婦の鈴木京香はリハーサルを見学していた。

 だがそこに突然主演の人気女優がやってきて自分の好きなように設定を変えたいと言いはじめ,プロデュ-サーの布施明は言いなり的にその要求を受け入れてしまう。

 布施は鈴木に脚本の書き直しを頼むが、他の出演者も文句を言い出し、メロドラマだった物語はアクションドラマのように変わってゆく。

 あまりに脚本をズタズタにされた鈴木は怒ってスタジオに籠城し、何とか出鱈目なドラマ作りを阻止しようとするが・・・。




 

 三谷幸喜監督作、たった唯一の傑作。

 芝居の脚本やドラマの脚本で鳴らした人が映画を撮るとここまで面白いものができるのか・・と公開当時は思ったものだった。

 全て大人の事情(とは言えかなり幼稚)でドラマはどんどんわけのわからないものに変えられ、その過程がよくある会社社会の縦関係におけるリアルな茶番にも見えるところがあり、それでいてその出鱈目に変わっていくドラマの変化があまりにも面白く、喜劇映画としては日本映画最高峰の出来である。

 その上で後半のディレクター唐沢寿明の脚本を守るための反逆展開には勇猛なものすらあり、それでいてちゃんとアイデア満点の喜劇展開も同時に忘れておらず、最後にはビリー・ワイルダー映画の粋さすら感じられるんだから大した映画である。

 ところが映画監督・三谷幸喜は今のところこの一作のみで、その後は撮れば撮るほどつまらなくなるという負のスパイラルを堂々巡りしている感じである。

 たった一本でもここまで最高峰の喜劇映画を撮った者がどうしてその後あそこまでつまらない映画を連発してしまっているのか、もう不条理なほどだが(苦笑)、とは言えその後どれだけ惨憺たる映画を三谷が撮っていようとこの映画の面白さは損なわれることはないし、これだけの喜劇映画を撮ったことの栄光は永久に消えない。

 まずこれほど何度見直しても面白さが損なわれない喜劇映画も珍しいし、見れば見るほど新たな発見すらある。

 また新作を三谷は撮るらしいけど、いつまで惨憺たる駄作を連発するつもりかしらんが(苦笑)是非またこの初監督作の面白さの原点に帰ってほしいと、再見しながらいつも思う見事な秀作喜劇映画の一篇。


 

2013/08/30(金) 13:56:42 東宝 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ