0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「幽霊より怖い話 VOL.1」

 
幽霊より怖い話 VOL.1 [DVD]幽霊より怖い話 VOL.1 [DVD]
(2005/06/24)
柳ユーレイ、高野杏子 他

詳細を見る

 

 坂牧良太「幽霊より怖い話 VOL.1」、

 3話オムニバスの、一般から投稿された実話?を映像化した作品。

 どれも幽霊以上に恐ろしい人間の異常と怖さをメインに描こうとしている。

 「袋」はマッサージ師の柳ユーレイが女の部屋に出張で出向くが、そこで不気味に動く袋を発見し、その中身が気になって怯える話。

 設定は幽霊ホラーより現実味のあるサイコホラー的なものだから悪くないが、脅かし方が幽霊ホラーと同じで、おまけに尻つぼみなまま終わってしまうので、どうにもユーレイの怯える演技力だけでもっている感じである。

 いかようにも凶々しく出来る題材を妙に退屈にまとめてしまっているところがある。



 「女優ストーカー」は脚本家から監督する機会を得た男が、事務所の前で女に売り込みされ、オーディションでもある女優に目をつけ主役抜擢を約束するも果たせないが、その後女からストーカーまがいの嫌がらせを受ける話。

 まあまあありがちな話で、こちらも幽霊ホラーよりよほど現実味があるのに、もう一つ痒いところに手が届いていない感じで、まあベタに痒いところに手が届くだけの興醒めな幽霊ホラーも多いが、それにしてももうちょっと何とかなるんじゃないかとは思わせる出来である。

 バラエティ番組の再現ドラマ程度のもので、まあそう悪くもないがイマイチ感もある作品。

 
 

 「妄想監禁」は、姉が外へ出てから足を怪我して歩けない妹のところに奇妙なメールが送られてきて、それが姉の危険を絶えず暗示させるものばかりで妹が怯える話。

 結局妹が妙に怯えまくるだけで、じゃあネットやらなきゃいいだろ、メールも見ず電話にも出るな、警察にすぐ通報しりゃいいだろ・・・・と思える話なので(苦笑)ホラータッチがちょっとわざとらしく感じられ、多少頑張ってはいるがやはりこちらにもイマイチさが感じられる。

 
結局どの挿話も設定は幽霊ホラーより現実味があるのでそう悪くないのだが、それにしてはもう一つも二つも追及が甘く、おざなりでイマイチなものに終わっているところがあり、その辺が惜しい一篇。
2012/09/30(日) 14:13:19 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)
次のページ