0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「ネオン警察 女は夜の匂い」

 野村孝「ネオン警察 女は夜の匂い」、

 小林旭は流れ者だが、流れ着いた街はいつもヤクザ同士の抗争が起こり、緊張が走っている街だった。

 そこで牧紀子はクラブのママをしていたが、実は牧は女組長で、最初は牧の組のチンピラと旭は揉めるが、すぐに彼らは旭の子分になり、対立する須賀不二夫の組と対決していくことになる。

 そのためにチンピラたちは組を抜けて旭の舎弟になり、須賀の組と独自に対立していくが、旭と同じく流れ者の内田良平は金のために須賀の側についていた。



 

 ネオン警察シリーズの一作。

 ダイニチ映配時代の作品で、日活がロマンポルノに移行する寸前の作品なので、同時期の「女の警察」シリーズのように小林旭が絡みのシーンを演じているシーンが二回ほどある。

 相手役は「女の警察」シリーズにも出ていた牧紀子だが、ここではクラブのママさんにして女組長役で、そんな役が牧にはとても合っている。

 このダイニチ時代に入って旭は牧とよく共演しているが、しかし牧は旭が黄金時代に共演した女優よりも美人だと思うし、相手役の共演女優の中では個人的には香月美奈子や万里昌代と双璧を成す美貌の相手役だと思うので(牧紀子と万里昌代は顔立ちがちょっと似ている)、まあ嬉しい共演作ではある。

 絡みのシーンはそう派手ではないし、不自然に旭が他の女優と絡むシーンもあるが、牧との絡みはそこに至るまでのプロセスの描写がちゃんとあり必然的な感じで描かれている。(普通はそんなこと当たり前だが、このダイニチ時代の旭の絡みのシーンには不自然な絡みを無理矢理挿入したみたいな感じのものもあるので、イチイチ書かなくちゃならない。苦笑)

内田良平もお得意の敵か味方かわからん一匹狼の役をうまく好演しており、展開はよくあるものだが、最後に旭が救ってやろうとした善行が裏目に出て、沖雅也(やたらな絶叫芝居が目立つ 苦笑)が死んでしまい、旭に恩があるはずの沖の恋人が最後に、旭を恨みます。誰を恨んでいいいのかわからないから・・・と叫んで皮肉な感じで終わっていくところがちょっと変わっていて、この辺に勧善懲悪を当たり前とした日活アクションの時代はもう終わっている影を感じさせないでもない。

 もう終わっている日活アクションとこの後のロマンポルノ路線の合間の微妙な感じが、無理に挿入されるような絡みのシーンや映画のラストなどによく顕れているように思える一篇。


日本暴力列島 京阪神殺しの軍団【DVD】日本暴力列島 京阪神殺しの軍団【DVD】
(2010/11/21)
小林旭、梅宮辰夫 他

詳細を見る
2012/02/29(水) 14:00:43 日活 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ