0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「右門捕物帖六番手柄 仁念寺奇談 」

 仁科熊彦「右門捕物帖六番手柄 仁念寺奇談」、

 むっつり右門=嵐寛寿郎はある時町でスリの女に会うが金なら持ってけと余裕を見せる。

 その後右門は100両をもらって役人を辻斬りする者の事件を追うが、ある飯屋でいなり寿司を必ず九個買っていく連中に目をつけ、自分も九個買ってみるが相手は右門の正体に気がついていた。

 だが右門は九個の寿司を買った連中の後をつけ、その中にあった紙切れを手にするが横から来た何者かに紙を破られ半分奪われる。

 しかしその後の捜査で、仁念寺に辻斬りに関する真相が隠されていることを突き止める。


 

 山中貞雄が脚色した作品。

 昭和初期の無声映画だが、中々ミステリ展開はちゃんとしていて、最初の九個のいなり寿司の件と言い、辻斬りの一団の正体発覚と真の目的である徳川家へのテロなどの事情が徐々に発覚していく展開になっている。

 そこでスリの女が敵になったり味方になったり、活弁がはっきり「右門が敵に捕まった・・・」と解説しているので、へえそんな展開か・・・と思っていると実は裏があった・・・という、活弁まで客を欺こうとしていたりと(つーか、そんなのアリかよ 苦笑)まあ中々錯綜したものになっている。

 最後のテロをやめさせるために右門がチャンバラの後馬を飛ばす辺りもアクションテイスト満点で、全体的に錯綜した展開のお話をテンポのよい活劇にしていて秀逸な出来である。
 
 若き嵐寛寿郎も右門役にピッタリで、活劇的にもミステリ的にもわりとしっかり出来ているサイレント時代劇の秀作な一篇。



右門捕物帖~六番手柄 仁念寺奇談 [VHS]右門捕物帖~六番手柄 仁念寺奇談 [VHS]
()
嵐寛寿郎頭山桂之助

詳細を見る


右門捕物帖 一番手柄 南蛮幽霊 [DVD]右門捕物帖 一番手柄 南蛮幽霊 [DVD]
(2009/02/20)
嵐寛寿郎

詳細を見る
2010/10/31(日) 13:38:33 その他 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ