0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「愚か者は誰だ」

 渡辺裕子「愚か者は誰だ」、

 野村宏伸は浮気な女に惚れていたが、その女の素行調査を探偵の渋川清彦に頼んでいた。

 だが渋川は野村に真相を知らせたがらなかったが、ある時女を尾行する渋川の車に野村が乗り込んできて浮気現場を見ようとしてくる。


 
 「桃まつり うそ」の中の一作。

 映像のスタイリッシュさ、その洗練度は映像だけでなく音楽にまで至り、日本映画なのにまるでヨーロッパ映画のようなテイストもある作品。

 低予算の作品だろうによくこんなにゴージャス感が出せたなと驚くほどで、探偵の浮気調査やそれに纏わる描写なども妙に洒落ている。

 ただそのわりに、まあ短い尺では収まりのつかないお話だったのか、妙に圧縮して描かれている感もあり、もう一つ展開にもドラマ自体にも厚味を感じさせないのは残念である。

 多分もうちょっと野村宏伸や登場人物のそれぞれの描写があれば、もっと愛着の持てる魅力的な作品になった気もするが、その意味でラストの急展開は中々いいものの、その唐突感がいきなりっぽくて急展開の醍醐味に欠けているように見える。

 役者陣がそれなりに全員プロでそれを自主映画的なものに押し込んだ感じもするが、それ自体悪いわけではないものの、どうも窮屈な設定に絡め取られているようでもある。

 映像や音楽の洗練度やスタイリッシュさ、日本映画離れしたテイストは金のかかった日本映画などよりセンスがあると思うが、どうもイマイチなところもある一篇。




渋川清彦がよかった秀作
FM89.3MHz [DVD]FM89.3MHz [DVD]
(2007/03/21)
小沢仁志松浦祐也

商品詳細を見る



2010/06/30(水) 13:52:40 その他 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ