0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『ブライアン・ウィルソン ソングライター PART2 ~孤独な男の話をしよう~』




ロブ・ジョンストーン『ブライアン・ウィルソン ソングライター PART2 ~孤独な男の話をしよう~』、

ポピュラー音楽史に残る歴史的バンド=ザ・ビーチ・ボーイズの中心人物にして、名曲の数々を作ってきた天才ソングライター・ブライアン・ウィルソンの、絶望と失意のドン底時代を語る、ドキュメンタリー・シリーズのパート2。

このブライアンの暗黒時代の話はたまにチラホラ聞いてきたので、ドキュメントとしてはパート1以上に興味深いものだった。

前作のパート1では、デビューからブレイクしていく栄光の7年間の光と影や、その音楽的変遷を語っていたが、それでも後半になるとバンドやブライアンの錯綜や混乱、時代の潮流から離れていく兆候が語られていた。

それがこのパート2になると、そのトバ口から一気に凋落し錯乱していくブライアンと、ザ・ビーチ・ボーイズの苦難の時代となり、その時代(1969~1982年)の真相を中心に捉えている。

監督がロブ・ジョンストーンに変わっているが、パート1の監督、トム・オーディルは編集で参加している。

幻のアルバムだった『スマイル』が当時封印された理由や、それ以降、ドラッグ・酒に溺れ自暴自棄になって孤立し、凋落していくブライアンの変遷を中心に追いながら、低迷期のザ・ビーチ・ボーイズの名曲やブライアンの幻の音源についても、ブルース・ジョンストンや、レッキング・クルーのハル・ブレイン、ザ・タートルズのマーク・ヴォルマン他などなどの、ブライアンをよく知る人物たちが秘話を交えてその楽曲の詳細な分析とその時代のブライアンの惨状を証言的に語っている。

またその後、有名な精神科医のカウンセリングを受け、周りの関係者の尽力もあって、1988年に初のソロ・アルバム『ブライアン・ウィルソン』で完全?復活したブライアンが(いや、あれを完全復活と言うかは意見が分かれるところだろう。当時、ほとんどアシッドフォークの退廃感すら感じたのだが)ライヴを行い音楽活動を展開、ついにはビーチ・ボーイズ結成50周年再集結プロジェクト(2012年)に加わり、新作アルバムとワールドツアーに参加するまでをも捉えている。

ドン底時代のブライアンは、メンバーとの不仲、確執(特に批判的だったのがマイク・ラブらしい)などもあり、精神的にはさらに追い詰められていく。

アーティストとしても、または時代の寵児としても凋落していき、単にミュージシャンや作曲家として低迷しバンド内の人間関係が悪くなるだけでなく、ブライアン自身が精神的に荒廃していったわけである。

しかしそんな中、私も好きなデュオで、ブライアンの当時の妻マリリン・ウィルソンとその妹のデュオ、スプリング(アメリカン・スプリング)をプロデュースしたことが、ブライアンにとってかなり癒しになったというか、平常心を取り戻す糧になったらしい。

アメリカン・スプリング自体は当時あまり受け入れられなかったようだが(後に高い評価を得るようになる)、しかしやっていることはこの時代に生み出したA&Mサウンドやブライアンの楽曲の良質な部分の塊だった。

ビーチ・ボーイズだとか、世界の天才スーパースターだとか、時代の寵児だとか、厳しいステージパパとの関係やその喪失による不安だとか、ブライアンは様々なものに取り囲まれ身動きが出来なくなり、その上で色んなものを失っていったし、終いには自らの輝いていた歌声まで失っていた時代もあったわけだが、それでもそんな中でのアメリカン・スプリングの瑞々しさや清涼感は、ブライアンにとって、原点返りのための大きな意味があったのではないかと思う。
そこで(この映画に出演もしている)作曲家のデヴィッド・サンドラーとコラボしたことも良かったと思う。

この時代の天才ミュージシャンはブライアンもこれほど波瀾万丈だが、フィル・スペクターなど今も刑務所に入っており、何ともその作り出す多幸感溢れる楽曲とは真逆の現実が意味深すぎるが、このドキュメンタリーシリーズのパート2は、ブライアンのそんな暗黒時代を証言を交えた客観視でじっくり語っており、中々見応えのあるものになっている一篇。 2017/08/12(土) 00:06:46 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

『ブライアン・ウィルソン ソングライター ~ザ・ビーチ・ボーイズの光と影~』




トム・オーディル『ブライアン・ウィルソン ソングライター ~ザ・ビーチ・ボーイズの光と影~』、

ポピュラー音楽の歴史的な大物バンド、ザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在ブライアン・ウィルソンの、1962年から1969年までの栄光と苦悩を追ったドキュメンタリー映画シリーズのパート1。

「サーフィン・サファリ」や「サーフィン・U.S.A.」、「サーファー・ガール」や「ファン・ファン・ファン」、「ドント・ウォーリー・ベイビー」や「グッド・ヴァイブレーション」他などなど、数々の名曲を生み出してきた、コンポーザーとしても音楽史に輝くべく存在である孤高の天才と呼ばれるブライアンだが、その人生は波瀾万丈に満ちたものだった。

このパート1は、ブライアン最盛期の活躍をメインに捉えたもので、この後のブライアンドン底時代の話までは出てこないが(パート2で語られている)、それでもブライアンもビーチ・ボーイズも時代と共に変わっていった、または時代に翻弄されて変わっていかざるを得なかった、その変遷が語られている。

『ペット・サウンズ』や問題作『スマイル』などなど、多くの歴史的な名盤を作ってきたが、いつも順風満帆に大スターバンドだったわけではなかったビーチ・ボーイズ。

それは同時に、そのマニュピレーターと言っても過言ではないだろう中心的存在のブライアンとて同じことだったわけで、「サーフィンU.S.A.」や「サーファー・ガール」などのヒット曲を出した後、ライブの活動とソングライターを兼ねる軋轢からライヴ活動をやめていた時期もあったくらいで、やはりブライアンもいつも順風満帆だったわけではない。

またあまりにもマニュピレーターとしての中心的存在だったため、しばしば幾つかのビーチ・ボーイズのアルバムはブライアンのソロアルバムの様相を呈してしまっていたことも語られる。

このドキュメンタリーでは、ブライアン本人のインタビューはなく、ビーチ・ボーイズのブルース・ジョンストンやデイヴィット・マークス、キャロル・ケイやレッキング・クルーのハル・ブレイン、「スマイル」の著者ドミニク・プライアやブライアン・ウィルソンの伝記の著者ピーター・エイムズ・カーリン、ビーチ・ボーイズの元マネジャーだったフレッド・ヴェイルや、スリー・ドッグ・ナイトのダニー・ハットンらの証言的なインタビューを重ねて、ブライアンの周りにいた人々の証言を元に、ビーチ・ボーイズとブライアンのそうした錯綜と変遷の核心に迫っていこうとしている。

私の好きなフォー・フレッシュメンに、ブライアンは大きな影響を受け、そのJAZZコーラスを研究して、ビーチ・ボーイズのサーフロックサウンドに昇華した逸話。

その次にフィル・スペクターに多大な影響を受けたブライアンが、ザ・ロネッツの「ビー・マイ・ベイビー」をいかにうまくビーチ・ボーイズの「ドント・ウォーリー・ベイビー」にリメイクしたかの分析的な逸話。

または、そこからフィル・スペクター御用達のバンド、レッキング・クルーとコラボするに至る経緯。

その後登場したザ・ビートルズが、いかにブライアンやビーチ・ボーイズを翻弄し、変えていったかということまで、そうしたブライアンが影響を受けたアーティストたちの秘蔵映像を交えて、かなり丁寧に語り明かしている。

特に『スマイル』制作に至る時代の話になると、後のドラッグに溺れ、引きこもり状態となるブライアン暗黒時代の影がすでに見え隠れしているのがよくわかる。

つまり時代はベトナム反戦の時代であり、ビートルズの楽曲のように個的な内面に向かう音楽の時代となり、ケネディが大統領になり、カリフォルニアのモダンなライフスタイルが注目され、サーファーガールやサーフライフを歌っていればいい時代ではなくなっていくわけである。

その辺りにおけるブライアンの錯綜、ビーチ・ボーイズ自体の混乱の入り口が、後半語られている。

しかしブライアンの凄さとは、影響を受けたアーティストから吸収したものをベースに、謂わば音楽的発明をし続けたことにあると思うのだが、その辺りのことも、周りにいた人々の証言を通してちゃんと捉えられている。

ブライアンのインタビューを入れず、絶えず周りにいた人々の証言で外堀を埋めていくスタイルだから、確かにブライアンの真の心中は明確ではなく、真相は藪の中という感じが少ししなくもない。

しかし、あくまでビーチ・ボーイズやブライアンをリスナーの側から検証するならば、寧ろこの外堀埋めスタイルの語り故に客観的な音楽史を語り得ていると思うし、それぞれの時代とブライアンの関係を俯瞰させるものにも成り得ていると思う。

3時間とちょっと長いが、そんな中々に濃い内容が語られた佳作ドキュメンタリーな一篇。 2017/08/08(火) 00:06:58 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

『ブラックブック』




ポール・バーホーヴェン『ブラックブック』再見、

スエズ動乱直前のイスラエルにて、教師のカリス・ハウ・ファウテンは、オランダから観光旅行に来た女性と再会し、戦争時代のことを振り返る。

1944年、オランダが第二次世界大戦ナチス・ドイツ占領下にあった時代、若いユダヤ人歌手カリスは隠れ家で暮らしていたが爆撃に遭い、バラバラになっていた家族と一緒に占領されていない地域へ船で逃げるが、何者かに裏切られ、いきなり出現したドイツ兵に家族を皆殺しにされ、金品まで奪われる。

カリスは家族の復讐を誓い、レジスタンスに加わって、名前を変えてユダヤ人である事を隠し、ドイツ軍に潜りこむ。

そこで美貌と美声を武器にセバス・チャン・コッホの大尉の秘書になり、スパイ活動を始めるが。





ポール・バーホーヴェン監督が23年ぶりに故国オランダに戻って、かなりの制作費をかけて撮った戦争サスペンス映画。

基本は家族をナチスに殺されたユダヤ人女性歌手の復讐譚であるが、その途中、裏切りに次ぐ裏切りのスパイ戦あり、恋愛ドラマあり、はたまた活劇あり、といった様々な要素が盛り込まれている。

しかし、バーホーヴェンは幼少期に、この映画と同じ、第二次世界大戦下のオランダのハーグで暮し、そこでオランダ人の味方のはずの連合軍がナチスの軍事基地があるハーグを空爆したため、死体に溢れた場所で生活した体験があるようで、それはこの映画の設定や内容にかなりリンクしているのだろう。

ある意味、自伝的要素やリアルで過酷な幼少体験がこの映画の根底にはあるだろうから、エンターテイメント戦争サスペンスというほど突き放した映画にはなっていない。

ある種切実なエモーションとリアリティーが全編に漲る作品になっている。

と同時に、単にナチスドイツ=悪、レジスタンス=正義とは描かず、ドイツは正義と信じて残虐なことを行なったが、レジスタンスの中にも邪悪はあり、戦勝パレード後、ナチスを糾弾するレジスタンス側の残虐性もちゃんと描いており、単なるありがちなナチスドイツ糾弾映画にはなっていない。

また、そうしたリアルへのこだわりゆえか、派手なアクションシーンはあるもののVFXは使われておらず、リアルアクションにこだわっているようなところも感じられる。

エロとバイオレンスの過剰なバーホーヴェン映画もいいが、こういう自身の過酷な体験から生まれたような映画にはまた一味違う重みとリアリティーがあって秀逸である。

とは言え、この映画の過剰な展開の早さとどんでん返しの連続で、一気にわりと長い上映時間を見せ切る手際はいつものバーボーヴェンの妙技である。

つまりこの映画は、いつものバーボーヴェンの力量全開のまんま、それをリアルにバージョンアップしたような映画と言えるかもしれない。

そんな生々しいエモーション漲る、ポール・バーホーヴェンの最高傑作だと思う、優れた秀作の一篇。 2017/08/05(土) 00:05:04 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

『フルスロットル』




カミーユ・ドゥラマーレ『フルスロットル』再見、

デトロイトは無法の街と化しており、そこで潜入捜査をしていた刑事のポール・ウォーカーは、捜査していたマフィアが、中性子爆弾を強奪し起動させたことを知る。

爆発までのタイムリミットは10時間。

そんな中、恋人をマフィアに拉致され怒る男ダビッド・ベルと荒っぽい出会い方をしたポールは、共にデトロイトの300万人市民を守るために手を組む。

なんとかマフィアを追い詰めようと暴れ追撃する二人だが、しかしこの事件の裏には、政界が絡む大きな陰謀が隠されていた。






リュック・ベッソン製作・脚本の仏映画『アルティメット』を、2〜3倍の予算でハリウッド・リメイクしたフランス&カナダ製の合作アクション映画。

ベッソンはこちらでも脚本を担当している。

2013年に自動車事故で亡くなったポール・ウォーカーの、亡くなる前に作られた遺作である。(映画本編終了後には、 ”ポールの思い出に捧ぐ”と追悼の意が示されている)

ポールはカーアクションからガチンコアクションまで自ら演じ、『アルティメット』に出ていたパルクールの第一人者ダビッド・ベルが、ポールの相棒役でこちらにも出ており、二人とも気合いの入ったアクション演技を見せている。

監督のカミーユは、これが長編映画デビュー作だが、全体的にリズム感あるテンポのいい展開で描き、ガチンコアクションにもスピード感があり、中々メリハリのあるノンストップ・アクション映画に仕立てている。

そう複雑な話ではないし、全編アクション、アクションで会話しているような映画なので、ガチンコアクションシーンのスピード感と迫力が一番目立つ。

ポールはガチンコアクションシーンもカーアクションもかなり決まるし、相棒のダビッドのかなり独特な肉弾アクションにも引けを取っていない。

終盤にはラスボスと思われたマフィア組織のボスRZAの真相が明らかになり、謂わば善悪がひっくり返る展開となるが、その辺もわりとスピーディに描かれている。

なんとなく、昔のアクション劇画を思い出させるような映画だが、飽きさせない面白さは十分ある一篇。

2017/07/25(火) 00:05:34 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

『パニック・トレイン』




オミッド・ノーシン『パニック・トレイン』、

医師のダグレイ・スコットは息子と一緒に深夜の列車で帰宅しようとしていた。

だが、停車中に何者かがブレーキを操作していることをダグレイは訝しむも、列車は走り出す。

走行中、つい眠っていたダグレイは列車が止まらないことに気ずき、車内のインターフォンで運転室に知らせるが、何故か乗客の数を聞かれる。

列車の乗客は、ダグレイと息子、車内でダグレイと仲良くなったカーラ・トイントン、マナー違反をやらかし揉めていた男と老いた銀行家、それに心臓が悪い老女の6人だった。

どうやらブレーキが利かない列車は、今や謎の男が操縦しており、踏切りの車にも突っ込んで、ひたすら暴走しているようだった。

ダグレイらは暴走列車を止めようと動き続けるが。






暴走列車を止めようとする乗客たちを描いた、英国インディペンデントのノンストップ・パニック・サスペンスアクション映画。

なんでも、500ポンドの超低予算でトレーラーを作ってネットで投資を募り(クラウドファンディングか?)、その後約250万ドルで作られた映画らしい。

パニックアクション映画としては低予算なため、撮影技法を工夫して撮影され、この手の映画に付き物の乗客の家族だとか警察や特殊部隊や鉄道会社の描写などは一切なく、ただ暴走する列車という密室内での少数の乗客たちの奮闘ぶりをサスペンスフルに描いている。

2013年の英国インディペンデント映画賞でダグラスヒコックス賞(新人監督賞)にノミネートされている作品。

まあそんなわけで、低予算ゆえに登場人物が限られるため、こんな非常事態に鉄道会社や警察は何をやってんだ?という疑問はあらかじめ不問に付しているような映画である。(苦笑)

おまけに暴走列車を操縦する犯人すらロクに描かれず、どうやら自殺願望の男が乗客を道ずれにした自爆行為ではないか、と想像されるだけで、結局最後まで犯人も犯行動機もはっきりしないまんま終わってしまう。

要は密室状況での乗客たちの奮闘と人間ドラマだけが描かれているのだが、仲の悪かった乗客たちが徐々に暴走列車を止めようと協力し合うようになる描写は一応悪くない。

しかしそれにしても、客席横の扉のようなものが走行中に開いてしまうタイプの列車らしくて、少年が一瞬落ちそうになるのだが、イギリスにはこんなクソ危ない列車があるのだろうか。

最後の列車の連結切り離しのアクションシーンが最大のクライマックスであり、そこが一番パニックアクション映画らしい場面だが、そこも低予算映画らしい頑張り方で描かれている。

まあトニー・スコットの遺作にして傑作『アンストッパブル』ほどの映画ではないが、それなりにうまくまとまっているし、そう飽きさせない映画にはなっている、悪くない一篇。 2017/07/15(土) 03:47:39 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ