0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『先生、おなか痛いです』




深井朝子『先生、おなか痛いです』、

オッパイパブで働く野中あんりは、冴えないサラリーマンと退屈な生活を送っていたが、ある日店で、学生時代の同級生と偶然再会し、同級生は野中が初恋の相手だったので、オッパブ嬢になっている野中に怒る。

この同級生と再会したことで、野中は学生時代の担任教師への初恋を思い出し、担任の授業になると「先生、おなか痛いです」と言って、保健室へ行き、そこで担任を思って自慰に耽ったことも思い出す。

ある時、同級生は野中の自慰行為を目撃するが。



青春Hシリーズの一作。

野中あんりのダメダメな日々と、学生時代の担任教師へのこれまたかなりカッコ悪い片思いの回想を描いているが、まあ女子の初恋や片思いを、女性監督がこれだけカッコ悪く描くというのはカッコつけてなくていいと言えばいい。

しかし、あまりにもダラダラしたコント風に描かれているので、女子のリアルなカッコ悪さを描いたというより、わざと野中を露悪的に描いているようなわざとらしい作為的描写にも見えて、逆に白々しい感じがしないでもない。

だから、野中の、かっての担任教師への初恋感情というものに、全然切実なリアリティーが感じられず、ひたすらベタ喜劇テイストの描写だったりする。

また、どうせこういう展開なら、最後は今までの自分のだらしなさを清算するために更生的行動を取るんだろ、と思っていたら、案の定、予想通りの展開で(苦笑)、最後はご都合主義のようにやたら改心した野中の姿を描いて青春映画のハッピーエンドとなるという、まるで絵に描いた餅か、安っぽいマンガみたいな映画だったりする。

家庭環境に恵まれない女子が何やってもうまく行かず、堕ちたような生活になってしまう部分はちゃんと描いているようにも思うが、はっきり言って、その手の不幸少女のテンプレドラマまんまの展開で、先が読めるというか、またこのパターンかよ、とやたら思わせる新味の無さが残念である。

野中の心理ばかり中心に描いていて、他の登場人物の心理描写が薄く、それ故に映画自体がなんとも視野の狭い映画にも見えてくる。

そんな色々残念のところがある一篇。 2017/07/08(土) 00:05:42 その他 トラックバック:0 コメント(-)

『社長秘書 巨乳セクハラ狩り』

山崎邦紀『社長秘書 巨乳セクハラ狩り』再見、

池島ゆたかは出版社の社長をしていたが、息子の平川直大の婚約者・安奈ともが秘書になり、普段安奈に対するセクハラ妄想を膨らませては、そんな自分に罪悪感を持ち、律していた。

だがある日、会社の真面目な営業マンの荒木太郎が、いきなり安奈にセクハラをして、ベテラン女編集者の佐々木基子に叱責されるも逆ギレして暴れ出し、そこにやって来た池島に怒られた後、アッカンベーして会社を去る。

荒木に注意しクビにした池島だったが、荒木と同じ欲望が自分の中にもあることに池島は気づいていた。

そして不意に荒木が忘れていったコートと、ハンチングを着用すると、なんと池島に荒木の人格が乗り移り、池島は安奈に襲いかかり監禁するようになる。





元々奇天烈設定多しの山崎邦紀の、やたら無茶苦茶な映画。

はっきり言って、途中から笑いが止まらなかった映画である。

特に荒木のコートと、ハンチングを着用すると、何故か池島に荒木の人格が転移してしまってからは、もうひたすら無茶苦茶な展開である。

自宅に帰った池島は無人の部屋で、妻子や安奈の食後のテーブルを見て、勝手に妻と息子が自分をつまらない奴とバカにしていて、秘書の安奈だけが自分を庇い信頼してくれている姿を妄想し、安奈に感謝する。

しかし次の瞬間、(池島の妄想の中で)安奈が自分のことを「お父様」と呼んでることが気に入らなくなり「お父様じゃない!俺は男だ!」と安奈に対して怒り出すのである。(知るかよ)

その後、荒木に勝手に「なってしまった」池島は安奈を拉致・監禁して、絶えず自分(荒木)をクビにした池島社長自身への悪口を、池島本人が吐きながら安奈に襲いかかっていく。(ややこしい奴)

安奈は、何で池島が池島自身に対する悪口を吐きながら、復讐と称して自分を監禁し犯そうとするのか訳がわからないが(そりゃそうだろ)、途中から池島=荒木は安奈を大陸に売り飛ばすとか言い出し(大陸って…)、その大陸からの人買いが、何故か池島の妻・吉行由実と息子だったりするからさらにややこしい。(これも妄想なのか?)

その合間に、会社で池島はニーチェの本を出そうと仕事に燃え、ニーチェの言った「超人」になろうとし始める姿が描かれるが、その超人池島は結局会社でまた荒木が乗り移った状態で佐々木基子にセクハラし襲いかかる。

だが監禁部屋で、ひたすら自分自身の悪口を言いまくる池島=荒木を、レイプされながら見ていた安奈と佐々木が、池島=荒木と一緒になって、池島がいかに腐り果てたクズ人間かを悪口まつりのように罵り始めると、池島=荒木は半分は自分が悪口言われてるのでどんどん凹んでいくのであった。(笑)

最後は、警察に通報されたはずの池島が捕まっておらず、何故か安奈を監禁していた檻の中で一人寝ていたり、池島と安奈が駆け落ちするショットが脈略なく入ったりと、最後まで突散らかったまんま終わっていく。

この映画の頃(2007年頃)、北野武が「TAKESHIS'」(2005年)や「監督・ばんざい!」(2007年)のような内省的妄想飛び交う映画を撮っていたから、その影響があったのか(無かったのか)は知らんが、しかし似たようなことを山崎邦紀がやると、ここまで変テコな妄想映画になるということがよくわかる映画である。

池島ゆたかは元々芸達者だが、ここではかなり怪演している。

また名監督・荒木太郎もインパクトある好演を見せている。

やはり、やりたい放題やった映画という印象ばかりが際立つ(笑)、中々フリーダムで怪作な一篇。 2017/05/09(火) 00:06:24 その他 トラックバック:0 コメント(-)

『アウターマン』




河崎実『アウターマン』、

特撮ヒーロー番組『アウターマン』は50年放映されていた。

過去に平成アウターマンシリーズで主演した俳優の塩谷瞬、古原靖久、戸塚純貴はアウターマン俳優のイメージが強すぎて、他の役のオファーもなく、今やアウターマン絡みのファンイベントぐらいしか俳優の仕事が来ない、売れない役者になっていた。

ある日、日本各地で地震が起こり、その時テレビヒーロー番組とそっくりの本物のアウターマンが登場する。

人々は驚き熱狂するが、防衛省はアウターマンの敵役であるシルビー星人・タルバの本物をも捕獲していた。

タルバは、実はアウターマンこそが侵略宇宙人であり、地球をテラ・フォーミングしてアウター星の環境にして地球に移住を計画しており、そのためにヒーロードラマで50年間地球人を洗脳してきたのだと言う。

人類にも、実は宇宙を彷徨い流浪しているだけのホームレス宇宙人でしかないシルビー星人にもアウターマンを倒す能力はなかった。

だがアウターマンを倒すたった一つの方法は、アウターマンに全く愛着がない平成アウターマン俳優たちとタルバが合体変身することだとタルバは言うが。






特撮ヒーローと宇宙星人の善悪設定を反対にした特撮パロディ映画。

一応プロットはつまらなくないし、河崎実は過去に『いかレスラー』という佳作も撮っているので、そうそうただのバカ映画ばかりでもないだろうと思いもしたのだが、まあバカ映画ではないものの、あまりいい出来とは言い難い映画である。

キャスティングには、主役の塩谷瞬、古原靖久、戸塚純貴以外にも、真夏竜、沖田駿一、きくち英一、北岡龍貴、筒井巧などなど、過去に特撮ものに出演していた役者陣を揃えているし、ヒーローもので主演した役者が、その後そのイメージが強すぎて他の仕事が来ないとか、それでいつまでもヒーローイベントやヒーローグッズの店、ヒーローの店的な飲み屋で食っていくしかないという、現実に有り得る描写を盛り込んでいるのも悪くない。

それにヒーローに熱狂しているのは特撮オタクやファンばかりで、演じてる役者たちはあくまで仕事でしかなく、それで食ってくしかない食い扶持でしかないからヒーロー自体に思い入れがゼロだったりするというのも、現実、本音ではそんなものかもしれない。

そういう皮肉なリアル描写をきちんと入れているのはいいのだが、映画自体はそうおチャラけてもいないのに妙にイマイチ感が強い。

まず随所の描写が緩い。

特撮ものの監督は、さすがに特撮シーン以外の普通の描写もどうコミカルに描こうが、それなりのクオリティを保っているが、この監督はいつまで経ってもその辺りが昔の素人の自主映画レベルの緩さである。

せっかく特撮オタクを防衛省の対策チームに入れる展開にするなら、もっと特撮オタクの能力の高さが自然に伝わるように描けばいいのに、相変わらず昭和ヒーローオタクと平成ヒーローオタクの言い合い描写ばっかりで、その描き方も雑である。

それに洗脳されていた地球人たちの描写がテキトーすぎて、まるで書き割り程度の実に浅い描き方だったりする。

だいたい特撮オタクに人生賭けてきたような者たちが、そんなにあっさり簡単に自分たちのヒーローが侵略者だったというのを受け入れられるのかよとも思えるし、一般大衆の描写に至ってはあまりにテキトーすぎる。(苦笑)

せっかく善悪逆転設定にしたことで、地球人の内面にパラダイムシフトが起こらざるを得ない、本来ならかなり面白くなる状況を描いているのに、その辺りの描写の重要性にかなり無頓着なのだ。

挙句、最後にシルビー星人が勝ったら、何も事情を知らない一般大衆がシルビー星人コールをし始めるのだが、まあプロレス試合のパロディのつもりかもしれないが、そこをそんなショーもない描写にするから、プロットの面白さすら消滅してしまう。

また低予算故か、特撮シーンは短い上に単調で迫力がなく、だいたいアウターマン自体が悪なんだか侵略者なんだかもはっきりしない描写で終わり、基本アウターマンは立ってるだけの印象だったりする。(苦笑)

結局特撮系俳優をたくさん集めてきたことや、プロットの悪くなさ、ヒーロー役者の隠れた実情を描いた点や、通常のヒーローと子供の約束を、シルビー星人と子供の約束という風に転換した描写以外、さっぱりダメな映画である。

というか、映画のダメな部分が、それら数々の良点の魅力を悉く相殺し、潰しまくってしまっているのだ。

その結果、なんともショボい出来となってしまった一篇。


2017/04/04(火) 00:05:24 その他 トラックバック:0 コメント(-)

『明烏』




福田雄一『明烏』再見、

品川のホストクラブ・明烏で、ワーストホストの菅田将暉は多額の借金の返済期限が迫り焦っていた。

だが、返済金1000万円を用意できたと思い宴会を開くが、金が用意出来たのは夢だった。

菅田は借金返済出来ないと12時間後に東京湾に沈められるのだが、同僚も金のない女性客の吉岡里帆も、いきなりやって来た父親の佐藤二朗も誰も頼りにならず、さらに焦るが。





舞台でも上演されている、古典落語の「明烏」「品川心中」をベースにした福田雄一作の戯曲を、福田自身が脚本、監督したシチュエーションコメディ映画。

それほど内容のあるお話ではないが、福田雄一演出らしい喜劇タッチとテンポに若手役者陣がわりと応えている作品である。

この手が得意そうな菅田将暉やムロツヨシ、佐藤二朗だけでなく、この映画が女優開眼作となったらしい、今や多くのCMからドラマなどに出まくる売れっ子女優になった吉岡里帆が、テンポよく弾けたコメディ演技とクールなキャラを両方演じて好演している。

はっきり言って、喜劇的なダイアローグのテンポと、古典落語がベースらしいボケとツッコミの間合い、または役者陣のコメディ演技でひたすら何とかなっている映画で、その場で見ていて楽しく見られればそれで全て良しぐらいの感じの映画でしかないが、まあ小さな娯楽エンタメ映画だと思えば、それなりに演出も役者陣も頑張っている。

物語的な醍醐味が全くないわけではないし、多少ラストにどんでん返し(と言うほどでもないが)的なものもあるにはあるが、映画自体やお話自体は、まあこんなもんかってぐらいのものである。

あくまで、役者陣がコメディ演技を好演している、福田雄一タッチのエンタメ喜劇映画として見れば、それなりにつまらなくはない一篇。 2017/04/01(土) 00:04:36 その他 トラックバック:0 コメント(-)

『巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5』




中野貴雄『巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5』再見、

メキシコ帰りのストリッパー蒼井そらは、温泉街への巡業を頼まれて田舎町に行くと、そこのストリップ小屋はガラガラだった。

他のダンサーのかすみりさや桜井まり、相川イオ、TAMAYOもやる気がなく、暇つぶしに楽屋から地下道の先にある廃墟へ行くが、そこにはゾンビがいて、相川はそこでみつけた大金を持ち逃げしようとしてゾンビの餌食になる。

ゾンビは蒼井らにも襲いかかるが。





三家本礼原作漫画を映画化した作品。

寂れた田舎町や、その場末のストリップ劇場の雰囲気に、昭和のTV『プレイガール』の地方ロケの回のようなテイストがあるところや、いきなり女相撲が始まったり、無理矢理キャットファイトになる展開が、妙に中野貴雄的である。(苦笑)

そういう監督の個性というか趣味のようなものは出ているが、後はいかにもゾンビものという感じである。

ただ、蒼井と仲の悪い、インテリっぽいというかオタクっぽい桜井まり(吉永まり)が、ゾンビを操るラテン語の書物を読みこなして、ゾンビを暴れさせ、蒼井に対抗してくる展開になるところはちょっと面白い。

しかしそれもあっさりカタがつき、かすみの過去の話からゾンビと戦う挿話の顛末も、何てことなく話が進む。

何故か轢かれるだけの役でいか八朗が出ていたり、最後は大して盛り上がらないゾンビバトルが描かれて終わってしまう。

まあ元々こういう低予算エログロのイロモノ映画は、そんなに大した出来にはならないだろうが、でも後少しで面白くなりそうで、なんだかショボくまとまってしまうという感じを反復しているところが惜しいなとは思う。

蒼井そら以上に、途中から悪役になる桜井まりがわりと好演している。

中野貴雄らしさは多少出ているが、そうつまらなくはないものの、ちょっとイマイチではある一篇。

2017/03/21(火) 00:06:15 その他 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ