0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『岸辺の旅』




黒沢清『岸辺の旅』再見、

深津絵里は、3年前に夫の浅野忠信が失踪し、その喪失感に苛まれていたが、やっと子供にピアノを教える仕事を再開する。

だがある日、浅野がふらりと突然帰って来て「俺、死んだよ」と告げる。

浅野は妻の深津に「一緒に来ないか、きれいな場所があるんだ」と言い出し、深津は浅野と2人で旅に出る。

それは浅野が失踪中の3年間にお世話になった人々を訪ねる旅だった。

しかし最初に訪問した、寂れた新聞配達店・店主の小松政夫は浅野と同じ死者で、そのことに気づいていなかった。

旅の途中、浅野と深津はお互いの愛を再確認していくが、二人の永遠の別れの時は徐々に近づいていた。




湯本香樹実の原作を黒沢清監督が映画化した、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞受賞作。

この映画はやはり、かなり素晴らしい。

何が素晴らしいかって、物語は明らかに夫婦のヒューマンドラマなのに、そこに浅野忠信他死者が日常に出てくるだけで、それがただの設定では終わらず、そんじょそこらのホラー映画が太刀打ち出来ないくらいの、かなり本格的なホラー映画にして、かなりの正統な映画になっているからである。

だいたいヒューマンドラマに死者や幽霊が出てきても、ただのキャラ設定にすぎない描き方になっている映画が圧倒的に多い。

またはホラー映画の中でヒューマンドラマが描かれても、それはホラー映画というジャンル内の人間ドラマパートという風に描かれることが圧倒的に多い。

しかしこの映画は、ヒューマンドラマに幽霊キャラが出てくるだけでなく、ちゃんと映画自体が本格的な正統派ホラー映画になっている。

同時に、正統派ホラー映画としての怖さが、そのままヒューマンドラマを突き抜けたものにも繋がっていく。

または、ヒューマンドラマを突き抜けていく怖さが、そのまま正統派ホラーとしての怖さにリンクして、それがそのまま正統派の映画的な映画そのものを体現していたりする。

死者が蘇る主人公の設定は黒沢作品だと『ニンゲン合格』を想起させるが、この映画とは、途中浅野が語る、”無意味なことは単に無意味なのではなく、無意味が世界の基本なのだ”という講話によって通底し合っているように思える。

特に、さっき懇意になった小松に、買い物中の深津が声をかけても無視され、その後不穏なものを感じた深津が、新聞配達店に戻ってから、ガッツリ本格ホラー映画のヤバさが顕現し出し、それがそのままヒューマンドラマに生成してしまう、シュールなまでに底の抜けた世界が視覚化されているのは圧巻である。

浅野忠信が”死んでいるのに生きている”人間を、自然体で演じているのは、ほぼ神技に近い。

それを受ける深津絵里が、いつも以上に、内にエモーショナルなものを秘めた演技をしているのも秀逸である。

また浅野の生前の浮気相手の蒼井優と、妻の深津が、対決的に対面する場面のスリリングなダイアローグも、皮肉で鋭い描写になっている。

村岡希美の死んだ妹に後悔の念を持っている姉のハマり役ぶり、または奥貫薫の死者の夫を断ち切れず、自身も死者のような存在感になっている姿態などなど、役者陣が皆脇の脇まで見事に個性豊かな好演をしているのも素晴らしい。

映画としての正統ぶりが、ヒューマンドラマを実に映画的に成立させ、それがそのまま本格的なホラー映画になっている。

その本格的ホラー映画としての怖さが、映画自体の正統性故の怖さでもあるという、なんとも得難いことを成立=達成している、極めて稀有な傑作と言える一篇。




2018/05/12(土) 00:30:08 その他 トラックバック:0 コメント(-)

『泥棒貴族ボディハンター』

石山昭信『泥棒貴族ボディハンター』久々再見、

ヘアーサロンの店長、中条きよしはスパイ映画オタクだが、実は裏でキャッツという4人の女(シェイプUPガールズ)を率いた正義の泥棒集団のボスだった。

ある日、悪徳政治家の金庫から金を奪ったキャッツに、中条はルポライターの不審死の真相が関係している、貿易会社社長・高岡健二と暴力団の組長・丹古母鬼馬二の癒着を調べるよう指令を出す。

さっそくキャッツは潜入調査を開始するが、そこで麻薬の密輸取引の実態を掴む。

キャッツは、中条の双子の弟の警察官・桂ざこばの手柄にしてやろうと、ざこばにその情報を流すが、先にその情報は漏れていて、ざこばは恥をかく。

だがそのことから、警察内部にスパイがいることがわかる。






石森史郎原案の、女泥棒グループを描いた、90年代のプログラムピクチャーっぽいアクション喜劇映画。

女泥棒グループをシェイプUPガールズの4人が演じ、中々様になっているが、中条きよしのボス役もやたらにピッタリである。

中条と桂ざこばが似ても似つかぬ双子の兄弟だとか、ボス以外の時は妙に中条がトボけたオッさんだったりする軽いコミカルタッチが全編にあり、いかにも90年代半ばのB級活劇プログラムピクチャーっぽいテイストがある。

シェイプUPガールズの4人も取り立てて芝居が上手いわけでもないが、役にはまあ合っているし、この時代を感じさせる。

アクション映画にはよく似合う、美人な顔立ちの今井恵理も、その肢体がアクション向きな中島史恵も、他の三瀬真美子、梶原真弓も割と好演しているし、中条きよしのボスとの軽妙なコラボが妙によく似合う。

この中条とシェイプUPガールズの主役のハマりぶりからしたら、本当はもうちょっと洗練された女泥棒アクション映画テイストに出来た感もあるが、ただ、妙にベタなコミカル喜劇にしているから、こういう嫌味のないB級プログラムピクチャーになっているとも言える。

だからまあ、これはこれで別に傑作というわけではないが、こんなテイストでいいのだろう。

ざこばの部下役で佐藤祐介、貿易会社社長の悪役で高岡健二、という、70年代の青春スターが、90年代半ばに中年になって脇役を演じているが、今では二人とももうあまり見かけない。

思えばシェイプUPガールズもとっくにもう無いし、中条きよしが主演するVシネマが年に何作も連作された時代もとっくに終わっている。

20年以上前の、ちょうどプログラムピクチャーとVシネマの合間ぐらいのこういうテイストが、今では妙に懐かしく感じられる一篇。


2018/05/01(火) 00:06:21 その他 トラックバック:0 コメント(-)

『愛するとき、愛されるとき』




瀬々敬久『愛するとき、愛されるとき』再見、

「魔法使いゆこりん」というブログのブロガーで事務員の江澤翠は、田舎町で生まれ育ち、平凡な人生を送っていた。

ある日、妹の晶エリーを助けるために、怪しい河合龍之介に野外でHな写真を撮られるが、だんだんそれが快感になっていき、新たな自分を発見していく。




『Love and Eros CINEMA COLLECTION』第3弾の映画。

陽光に照らされた緑や海などの自然を背景に、快楽から愛に目覚めていく江澤翠のメタモルフォーゼが描かれていく。

全編動きまくるカメラワークには、デジタル時代に入っていく映画界において、映画的な生々しさをいかに残し、獲得していくかということへの渇望も感じられ、その生々しき映画的なモーションピクチャーの動態の中で、一人の女性の解放的なメタモルフォーゼが活写されている。

瀬々敬久はこういう映画的アプローチを前にもやっているが、この映画はまだ半端だったかっての実験性を、わりと説得力ある出来に生成してはいる。

しかし、その動きまくるカメラワークも、ある程度するとパターン化したマンネリな動きに見えてきて、妙に定番な女性解放映画に見えてしまうのが惜しい。

しかも江澤翠は熱演しているものの、こちらの想定内の変身ぶりにしか変態しないので、この「一人の女性が性的な快楽から自身を解放しメタモルフォーゼする」という昔からよくある女性解放物語すらもが、カメラワークのマンネリぶりと並行して、ありがちなものに見えてしまうという退屈さがある。

尋常じゃない不均衡な画面やメタモルフォーゼが事故的に生成するようなヤバさが足りないので、単に映画としての志が高いだけの優等生映画にも見えてしまうのだ。

役者陣は江澤翠も河合龍之介も、呆けた父親役の志賀廣太郎も皆熱演しているのだが、動きまくるカメラワークのマンネリ化と、事故的なヤバさを欠いたメタモルフォーゼの飽和に結局飲み込まれてしまっている。

「映画としての志の高さ」というものが、いかに難しいものかと考えさせられる映画だ。

瀬々敬久の作家性が全面に出た、映画としての志の高さが終始感じられる映画、などという申し分のない作品が、それがマンネリしてパターン化したり、はたまた事故的なヤバさを欠いてしまうと、ただの優等生映画に反転してしまうという皮肉な残念さに陥っている映画だと思う。

所謂良い映画、志の高い映画の部類に入るのに、そういう問題点も抱えている一篇。 2018/04/17(火) 00:23:20 その他 トラックバック:0 コメント(-)

『刺青 匂ひ月のごとく』




三島有紀子『刺青 匂ひ月のごとく』再見、

さとう珠緒は、ソシアルダンスの名手だった両親の後を継ぎ、スタジオを経営していた。

さとうは日々、妹の井村空美と、パートナーの勝野洋輔とダンスに打ち込んでいた。

だがある日、井村にパートナーを断られた古河耕史が井村を襲い、通りかかった勝野に助けられたことで2人の仲は急接近する。

さとうはそのことに嫉妬する。

その後、井村は謎の彫師のところへ行くことになり、刺青の世界に知ってゆく。




谷崎潤一郎の原作の何度めかの映画化。

原作を現代風にアレンジした作だが、なんとなくガーリー風現代アレンジという感じである。

さとう珠緒がいつものユルイキャラとは正反対のキツイしっかり者の悪女役で、絡みのシーンもこなしたことが公開時に話題になった映画だが、まあそこが新味という以外は大してパッとしない。

ガーリーなセンスの室内美術だとか、彫師の部屋が異様と言えば異様だが、だからと言ってどうということもない出来である。

刺青を背負ってから、さとうの姉の言いなりぽかった井村が女として妖しく輝き出し、さとうを逆に圧倒する後半の展開もいかにも露骨で、井村は確かに変貌を遂げているのだが、逆に浅い描写に見える。

シリアス演技の悪女役のさとう珠緒も、井村空美もわりと好演しており、そう悪くないし、谷崎をガーリーセンスで現代的に映画化したというのもひとつの個性的な映画化だろうが、しかし、もうちょっと何とかなりそうでなっていない映画である。

増村保造版の情念的な妖しさの凄みは、女優のレベルが違うから比較するのは酷だろうが、あまり出ていない現代版である。

全体的にはまあまあな一篇。 2018/03/24(土) 04:09:39 その他 トラックバック:0 コメント(-)

『ラブ&ピース』




園子温『ラブ&ピース』再見、

長谷川博己は、前はロックミュージシャンを目指していたが挫折し、それ以来、楽器の部品会社に勤めるダメ会社員として、周りにバカにされていた。

同僚の麻生久美子には恋心を抱いていたが、気が小さくて話も出来なかった。

ある日、長谷川はデパートの屋上で一匹の小さなミドリガメと出会い、運命を感じる。

しかし長谷川はある日、不遇な状況からの気の迷いでカメをトイレに流してしまうが、長谷川の破れた夢を聞かされていたカメは、それを実現しようとし始め、それが転機となり、長谷川はロックスターの階段を昇っていく。

ミドリガメは、西田敏行の謎の老人や、言葉を得た捨てられたオモチャたちの住む地下に流れ着き、そこで長谷川の夢を叶えようとする度に大きくなっていくが。







園子温が無名時代に書いた脚本を、25年経ってほぼそのまま映画化した特撮恋愛青春映画。

過剰にマンガチックでコミカルな芝居が目立ち、可愛らしい特撮が挿入されるばかりなのに、決してベタなファンタジーにダレることなく、随所に毒と皮肉と絶望が効いている、脚本の良さが実に際立っている作品である。

夢と現実と欲望と、夢から遠ざかった廃墟の関係を、コミカルな描写で見せながらも、かなりシビアに描いている。

長谷川がロックスターになったら、それまで長谷川をバカにしていた世間が手のひらを返して平伏す現実、

だけでなく、

夢を追いつつ、欲望にまみれていくことや、夢を継続していくことの苦しさや焦燥感、

その夢や才能を利用して金に変える音楽ビジネスの連中、

長谷川の大きな夢の流れに乗ったけど、自分たちの音楽的こだわりとの間で葛藤しているバンドメンバー、

その夢を支えている、長谷川が捨てた、今は地下に埋もれているカメの、長谷川への情熱と愛情、

元々は人間の夢から生まれた産物だが、夢から覚めた身勝手な人間に捨てられたオモチャたちの悲しい希望、

その捨てられたオモチャを拾ってきて命を与え、蘇らせる救世主にして、結局、また人間の身勝手な夢のために再生し、新品のオモチャ=プレゼントとして人間に配る、その絶望的なサイクルを、身勝手な人間のために生きているようなサンタクロースの西田敏行、

ダメサラリーマンだった 長谷川にも、ロックスターとなった長谷川にも、同じ目線で接している麻生久美子のニュートラルな視線、

ロックスターとしての最高の高みに立った長谷川が、これまでの自分の夢や欲望を捨て去るようにステージから姿を消し、昔住んでいた貧乏アパートに戻る、まるで真の自分に向かっていくような千鳥足の歩行、

このラストに、RCサクセションの「スローバラード」が流れるが、あまりにもこの場面にピッタリ合っていて、このラストは特に秀逸極まりない。

夢や欲望や現実など、儚い現世的な人間の渇望を全て通り過ぎた果てに、長谷川が辿り着こうとしている「自分自身そのものの」の場所へと、千鳥足で向かっていく、その、まるで浄化の道行のようなこの場面の痛々しいまでのすがすがしさに、「スローバラード」はあまりにもよく似合っていると強く思う。

長谷川の主観がメインで語られてはいるが、その周りにいるありとあらゆる存在や立場のシビアな思惑や感慨を、可愛らしい特撮やコミカルな描写の中、全て描こうとしているように見える。

それは無謀なことだが、それをこの映画は実現している。

そんな、実はかなりシビアな傑作である一篇。 2018/03/17(土) 15:12:54 その他 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ