0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『君の名は。』





新海誠『君の名は。』再見、

東京に住む高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨地方の糸守町に住む女子高生・宮水三葉になっていた。

逆に三葉は瀧になっていた。

2人はそれを夢だと思いながら、知らない異性の生活を送る。

その後も週に2、3回入れ替わりが起きたため、二人はこれは夢ではないと気づく。

最初は戸惑いもあったが、二人は徐々に入れ替わりを楽しむようになる。

ある日、突然入れ替わりが無くなり、
気になった瀧は、記憶から描いた糸守町の風景画を持って、友人の藤井司やバイト先の先輩の奥寺ミキと共に飛騨へ行く。

だが実は、糸守町は3年前にティアマト彗星の破片の隕石が落ちて消滅していて、三葉の家族や友人など、住民500人以上が死んでいた。

瀧は、その後、宮水神社の御神体が実在していたことから、2人の入れ替わりに3年間のズレがあったことを知る。

瀧は入れ替わりを起こそうと、3年前に奉納された三葉の口噛み酒を飲むが、目を覚ますと、隕石落下の日・朝の、三葉の身体に入れ替わっていた。

瀧は、三葉の友人2人とともに、住民を避難させるため、変電所を爆破し、停電させ、電波ジャックをして避難を呼びかける町内放送を行うが、三葉の父・俊樹らに妨害される。





昨年、超メガヒットし、今後は海外でリメイクされるらしいアニメ映画。

正直、これは大林宣彦の「転校生」と「時をかける少女」と、新海誠的セカイ系アニメと東日本大震災の暗喩が合体した映画だなと初見で思ったのだが、再見してもやはりそう思った。

だから江川達也による批判も、そう的外れなものではないとは思うのだが、しかしどうにも悪く言う気にはとてもなれない映画である。

別にこちとら、RADWIMPの音楽のファンになったわけでもないし、飛騨地方の鉄道風景や町並みがリアルな相貌だとか、東京のパステルライトな街並みが魅力的だとかいう点をそう殊更高く評価しているわけでもない。

また、それぞれのキャラクターにも特別過度な思い入れがあるわけでもないのだが、しかしやはりこの作品が、東日本大震災に対する、多くの日本人の忸怩たる思いと後悔の念のいじましい結晶に見えて、とても悪く言う気にはなれないのである。

隕石の落ちた糸守町は、どう見ても東日本大震災の被災地に見えるので、三葉と入れ替わった瀧が、三葉の飛騨の友達らと派手な避難作戦を決行して、住民を逃がそうとし、その8年後には住民が皆助かっていた、という展開を迎えると、所詮アニメ映画のウソの作り話だとわかってはいても、やはり安堵した気持ちにもなるのだ。

アニメ映画のパラレルワールド設定なんて、所詮、現実逃避の「タラレバ」でしかなく、この映画もモロにその現実逃避の「タラレバ」をパラレルワールド設定にて行っているだけかもしれないし、新海誠的セカイ系路線が、東日本大震災を彷彿とさせたことでリアリティを獲得しただけの作品だと言ってしまえばそれまでである。

だが、震災で亡くなった人々へのレクイエムも必要だが、生き残った者たちへのレクイエムだって必要だと思う。

この映画はそれに成り得ていると思う。

この作品が超メガヒットしたことで、世界的に公開され、リメイクまで進んでいるという、その世界的拡散自体が、世界中で巻き起こり続けている地球規模の大天災後に、大きな喪失感を抱えながら、その後を生きていかなくてはならない、生き残った人々のためのレクイエムになればいいと思える。

野田洋次郎がメインになって作られたRADWIMPの音楽の、あの”優しさ”も、まさにそれに成り得ていると思う。

冒頭の展開がハイテンポな上に、ちょっと錯綜的なので、わかりにくいとも言われているが、テンポがいいので、すんなり設定の世界に入りやすいし、異様な入れ替わり設定自体を大仰に描かず、コミカルに見せているのも妥当な描き方だと思う。

傑作だとか秀作だとか言うより前に、やはりこの作品はどこか、一つの”役割”を背負っているように思える一篇。 2018/01/06(土) 00:06:29 東宝 トラックバック:0 コメント(-)

『サザエさんの結婚』

青柳信雄『サザエさんの結婚』、

サザエ=江利チエミの父波平=藤原釜足とフネ=清川虹子は銀婚式を迎えて、日光へ旅行に行く。
その後、磯野家に下宿しているノリオ=藤木悠の大阪の両親、アチャコと浪花千栄子がノリオの様子を見に上京してくる。

しかしノリオは酒とパチンコ好きの学生で、挙句婚約者までいたため両親は驚くが、サザエが間に入ってノリオは結婚する。

その後、大阪に転勤中のマスオ=小泉博が、親友の結婚式のために上京し、サザエもマスオとの結婚式の参考にと、式に出席するが、そこで会社の上役の志村喬にマスオの東京転勤をお願いする。

後で出すぎた真似をしたと悔いるサザエだが、結婚したノリオに代わって磯野家に下宿した映画女優の雪村いづみと共に志村に会いに行くと、マスオの東京転勤は決まっていると言われ、サザエは喜ぶが、転勤してきたマスオが他の女性=白川由美と買い物しているのを目撃して怒り出す。







長谷川町子原作漫画「サザエさん」の実写映画化作品。

江利チエミは相変わらずサザエ役にピッタリで、今回はマスオ=小泉との結婚までのスッタモンダをドタバタ描いている。

江利チエミが歌うシーンが前作より増え、他にも雪村いづみが朗々と歌い、ダークダックスがコーラスを聞かせ、とミュージカル映画的要素もより濃厚になっている。

そのボーカルが全員堂に入っているので、前作以上にハリウッドのミュージカル映画を彷彿とさせる豊かさとなっている。

そそっかしいサザエの行動が喜劇展開を巻き起こし、それがテンポのいいコミカルタッチで描かれていき、終始飽きさせない楽しき映画になっている。

今作はワカメ役が子役時代の松島トモ子ではなく、サザエの結婚話のドタバタメインだからか、カツオ、ワカメは前作ほど目立たない。

恰幅のいい清川虹子の母フネや、藤原釜足の波平は今回もいい味で、柳家金語楼、由利徹、南利明、アチャコ、三木のり平ら喜劇人もコメディリリーフとして楽しく脇を固めている。

また映画撮影所の場面には、加東大介や宝田明、司葉子に草笛光子、団令子が本人役でチラッと出ている。

結婚が決まり、マスオの故郷の北海道で式を挙げる前の磯野家での祝賀会の様子が最後に描かれるが、ダークダックスの歌声などもそこに加わり、中々幸福感溢れる終わり方をする。

前作よりキャストが少し豪華になり、ミュージカルシーンも増え、その上でテンポのよいコミカル展開も面白い、実写化としてはほぼ成功していると言える愉しき喜劇の一篇。









2017/02/04(土) 00:05:14 東宝 トラックバック:0 コメント(-)

『続・サザエさん』

青柳信雄『続・サザエさん』、

サザエ=江利チエミは、磯野家でそそっかしい生活を相変わらず送っていたが、ある時近所への進物用のおはぎをカツオとワカメ=松島トモ子に食べられて、二人に怒ったりとバタバタしていた。

同窓会に出たサザエは既婚者の友達のノロケ話を聞いて、愛するフグ田マスオ=小泉博のことを思い出すが、その後二人は会い、サザエが思いを告げるとマスオも同じ気持ちだった。

ある日、マスオは母親を連れて磯野家にやってくるが、サザエは額にコブがあり、おまけに隣りで話を聞いていたサザエは、うっかり襖を壊して部屋になだれこんだため、マスオの母親は呆れて帰ってしまう。

サザエは意気消沈してしまうが。





長谷川町子の原作漫画で、後に国民的アニメになった「サザエさん」の実写版。

まだサザエがマスオと結婚する前のお話。

江利チエミのサザエは髪型やコミカルな表情などかなり原作に近く、全体的に軽い可笑しさが溢れ返っていて、クスクス笑える楽しいドタバタ喜劇になっている。

ワカメ役の子役時代の松島トモ子も適役だし、清川虹子の母フネ役も、藤原釜足の波平も中々ぴったりだったりする。

マスオは随分二枚目となり小泉博だが、江利チエミと絡むとわりとマスオさんぽさが際立ったりする。

サザエ役の江利チエミは、途中ミュージカル映画ばりに、ジャズボーカル的に何度か歌いまくるが、さすがボーカルが堂に入っているので、ハリウッドのミュージカル喜劇映画すら彷彿とさせる。

笑いの方もサザエのうっかりぶりだけでも中々面白く、青柳信雄はわりとうまい喜劇にしている。

脇で柳家金語楼や、由利徹、三木のり平などの喜劇人がいい味を出して好演しているし、4コマ漫画の映画化らしく、簡潔でテンポの良い挿話が畳み掛けるように連続し、飽きさせない面白さになっている。

最後はサザエとマスオが結ばれて明朗かつ長閑に終わっていく、わりと喜劇映画としてよく出来ている愉しい一篇。



2017/01/28(土) 05:40:33 東宝 トラックバック:0 コメント(-)

「海街diary」




是枝裕和「海街diary」再見、

鎌倉で暮らす三姉妹、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆のところに、幼少時に離婚し家を出て行った父の訃報が届き、綾瀬の頼みで長澤と夏帆は葬儀に出る。

父に長年会ってなくて思いの薄い長澤や、生前の父のことをよく知らない夏帆であったが、しばらくして綾瀬も葬儀に顔を出す。

そこで三人は異母妹の広瀬すずに出会う。

広瀬はすでに実母を亡くしており、父の再々婚相手の家族と暮らしていたため、三姉妹は鎌倉で一緒に暮らそうと広瀬に提案し、しばらくしてから一緒に暮らし始める。

しかし広瀬は両親や自分の出生に関して負い目を感じていて、自分の母の話を三姉妹にはあまりしなかった。






吉田秋生の原作漫画を映画化した作品。

この映画は、牧歌的な印象から、最初ナメて観ていると不意打ちを食らう映画だ。

前半は、いかにも東宝アイドル女優の三姉妹による、昔の「欽ちゃんのどこまでやるの!?」かよと言いたくなるような、ヌルい笑顔一杯の、まるでわらべの茶番コント芝居みたいなのが延々続き、冒頭は長澤まさみのセクシーショットから始まるものの、その長澤とて、いかにも東宝的な品の良さのアイドル的セクシーを是枝の計算によって制御されており、なんともわざとらしさ満点の「欽どこ」風家族コントな東宝アイドル茶番映画を観ているような気分となり、うんざりさせられる。

映画中盤になっても、お話は進行し小さく展開するものの、タッチは大して変わらず、ショットセンスには定評のある是枝裕和にしては、妙に凡庸なスタイリッシュさで鎌倉の自然や風景を切り取っているところにもイマイチ感を覚え、とてもいい映画などとは言い難く思え、いよいよ辟易してくる。

しかしながら、映画が折り返し地点を迎えた辺りで、それまで退屈に感じた、アイドル女優の笑顔笑顔ばかりの「欽どこ」家族コント風のわざとらしい茶番さが、かなり意図的な演出によるものだとだんだん判明してくる。

何故ならこの映画は全篇そのタッチで押し切ってしまうからである。

そこから徐々に感じられるものには微妙な差異が生まれ、三姉妹や広瀬すずの無意識的な実像や内に秘めた切実な思いが、仄かに、しかし意外と強く伝播してくるのだ。

実は一見、三姉妹の中のトラブルメイカー的存在で、男や酒にだらしない様をわざとらしいセクシーアイドル芝居で演じているだけに見えた長澤まさみこそが、三姉妹の和というものを一番重んじ、誰よりも他人のために尽力する存在であることが発覚していく。

そして最も厳格な三姉妹のまとめ役に見えた優等生的長女の綾瀬はるかこそが、両親の犯した不倫による家庭崩壊劇を反復してしまう可能性が最も高い存在であることがわかる。

そこから、娘を裏切るように三姉妹とは離れて暮らす母・大竹しのぶと綾瀬の骨肉の諍いも、ただの気の合わない母娘の喧嘩ではない意味深さが浮上してくる。

そして、延々笑顔とアイドルコミカル芝居で脇を締めているだけに見えた三女の夏帆が、何故姉の長澤に「あいつ(夏帆)の趣味はよくわからん」と言わしめるほど、年の離れた中年男の池田貴史(レキシ)と付き合っているのか?の切実な真相も伝わってくる。

あまり生前の父のことを知らない夏帆は、父と暮らしていた異母妹の広瀬すずに父が釣りが好きだった話を聞くと、かなりしばらくしてから池田を控え目に釣りに誘うのだが、たぶん夏帆は年の離れた恋人である池田に、接する機会のなかった生前の父への切実な憧憬を見ているのだろうことが微かに感じられる。

しかし、そうした三姉妹の無意識的な実像や切実な胸の内が、台詞で語られることは全くない。

それどころか、この映画は、明確な描写すらしていないのだ。

だが映画が終盤になると、様々に錯綜した事情から居場所の無さに苦しんでいる広瀬すずの苦しい胸の内(これには例外的に台詞による表現がある)だけでなく、三姉妹の無意識的な実像や切実な胸の内もがよく伝わってくる映画になっているのだ。

つまりこの映画は「描写せずして描写する」などという絶妙かつ高度な語り技を見せている映画なのだ。

そんなことをかってやっていた映画監督は、間違いなく、あの小津安二郎である。

小津も、ボサーっと映画を眺めているだけの観客には、ただ何も起こらない日常を素描しているだけの家族映画にしか見えないかもしれないが、「描写せずして描写」することで、登場人物の切実な胸の内や残酷な人生の現実をそこはかとなく、だが意外と強烈に伝播してくる高度な映画を撮っていた。

小津が住んでいた鎌倉が舞台だったり、古い日本家屋が映し出されること以上に、この映画は「描写せずして描写する」という点において小津ににじり寄った映画だと思う。

この「描写せずして描写する」という描き方は、近年では黒沢清が傑作「トウキョウ・ソナタ」にて成し得、小津映画ににじり寄っていたが、是枝裕和は一見ダサダサにわざとらしい「欽どこ」的アイドル茶番家庭コント映画のように見せておいて、見事にそうした域に到達した映画を実現している。

そんな中々に大した秀作映画である一篇。



2016/05/24(火) 00:05:48 東宝 トラックバック:0 コメント(-)

「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」




三池崇史「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」再見、

正義感は強いが問題も多い交番勤務の巡査・菊川玲二=生田斗真は、吹越満の上司からクビを宣告されるが、実は関東一の暴力団のトップ=岩城滉一を逮捕するために、モグラ=潜入捜査官に任命されたのだった。

最初は警察側が仕掛けるドッキリのような設定で生田は色々試されていくが、悉く合格する。

ある時、たまたま岩城の組傘下の若頭・堤真一と仲良くなった生田は、その後は堤を通して多くの試練を乗り越えながら、徐々にモグラとしてヤクザ組織と岩城に近ずいていく。





高橋のぼるのコミックを、三池崇史&宮藤官九郎コンビで実写映画化したアクション喜劇映画。

まあ一言で言えば、マンガを三池お得意のマンガチック描写で描いたコテコテのアクション喜劇である。

そもそも公開が春先で東宝作品とくれば、三池の場合、お仕事系の箸休め的コテコテエンタメ作になることも多いので、その上主役がジャニーズの生田斗真だし、公開時も大して期待していなかったが、130分もある長い作品にしては、スタスタと展開が進んでいき、大したお話ではないがわりとスッキリ見られるようには語られている。

確かに生田と岡村隆史とのバトルシーンやら、後半の麻薬の取引現場確保の活劇描写とかは、本気の時の三池のアクション描写を軽くなぞったようなソフトタッチだし、バラエティー番組のようなコテコテな笑いに終始していて、宮藤官九郎がわりかしスムーズにお話を進めていく脚本を書き、それを三池がスッキリ描いている見易さぐらいしか美点はない。

せいぜい、やたらとまどろっこしかった三池&宮藤コンビの「ゼブラーマン」よりは多少マシという程度の出来である。

そう大した映画だとは思えないし、下品なおふざけやギャグの数々だって爆笑というほどのものではない。

春先によく三池が撮る東宝コテコテエンタメ映画の中ではまだマシな方というだけだろう。

しかし本当は、この映画は大駄作として失敗してしまっていても不思議じゃないほど、何ら新味のないお話、描写、展開の映画である。

ひたすら三池が90年代にVシネその他でやっていた、すでに消費されきったことをさらにベタベタにしてユル〜く膨らましているだけの映画だ。

そんなダメ映画要素満載の作品なのに、それがそれほど退屈もせず、映画自体にちゃんとした流れが出来ていて、先はまあまあ読めるし、くだらないお話にしかなっていかないものの、それなりに面白くないこともないという不思議な映画ではある。

おそらく、意外なことに、そのベタベタのユル〜く膨らましているだけの浮遊感がそう悪くないのだろう。

ほとんどくだらないバラエティー番組を暇つぶしで見ていたら、くだらないけれどもそれなりの暇つぶしにはなったという程度の映画なのに、その暇つぶしとしての機能ぶりに、何故かしらマンガチックなエンターテイメント映画に徹した魅力がある。

だから大して褒められなくてもいい映画ではあるものの、こういう映画をどれだけ真面目臭く貶しても、どこかこの映画にはマンガチック映画に徹したおおらかさが残るのである。

生田斗真は、こんなくだらないバラエティー番組みたいな映画で中々熱演しているし、映画をちゃんと引っ張ってもいる。

脇の役者陣だって、的場浩司が意外とセコイ小さなチンピラ役というキャストがせいぜい目を引くくらいで、堤も遠藤憲一も皆川猿時も、そう好演してるというほどの芝居はしていない。

それでもこれがバラエティー番組みたいな映画だとよくわかっているような芝居をしている。

この映画は一言で言えば、何もかも全てが茶番だが、だからと言ってダメ映画ではあっても一概につまらない映画ではない。

そんな、不思議とそう退屈はしない一篇。


2016/02/13(土) 01:13:45 東宝 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ