0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『子連れ狼 死に風に向かう乳母車』

三隅研次『子連れ狼 死に風に向かう乳母車』再見、

子連れ狼こと元公儀介錯人・拝一刀=若山富三郎と、その子・大五郎は、旅の途中、渡り徒士の加藤剛に立会いを求められるが、加藤を真の武士と見た若山は、対決前に「分け」とし、その場を去る。

その後、若山一刀親子は、女衒の名和宏を襲いかかられたはずみで殺してしまった少女を匿うが、少女は、浜木綿子の一家に女郎として売られていた。

少女の持つ位牌を見た若山一刀は、引渡しを求める浜の申し出を断り、その代償として、少女の代わりに、女郎の責めである水責めと”ぶりぶり”にかけられる。

少女は解放されるが、若山一刀のあまりの強さと根性に敬服した浜は、父・浜村純に引き合わせ、浜の双子の姉を殺した天領代官・山形勲を殺すよう、若山一刀に刺客を依頼する。





小池一夫、小島剛夕の原作漫画を、勝プロダクションが製作し映画化した、若山富三郎=拝一刀主演の映画版シリーズの第3作。

脚本も小池一夫が担当している。

貫禄、殺気、威厳、強さの全てを見た目で完全に体現している若山富三郎の強烈な存在感は、冥府魔道に怯まず突進していく拝一刀にはさすがに似合いまくる。

個人的には最高、最強のハマリ役の拝一刀だと思う。

そもそも隙のない緊密な殺陣シーンを演出する三隅研次の時代劇に、マカロニウエスタンのように血が飛び、腕が飛び、若山一刀が宙を舞う場面などなどが加わり、あまりにも荒唐無稽ではあるが、緊迫感と臨場感と生々しい迫力がない交ぜになった面白さとなっている。

冒頭、渡り徒士に落ちぶれているが善玉っぽい加藤剛が、仲間の質の悪い渡り徒士たちが旅の母娘をレイプしようとして、お付きの男に追い回されると、仲間を叱責するのかと思いきや、加藤はいきなり男を叩っ斬り、何故か母娘まで叩っ斬ってしまい、質の悪い渡り徒士たちより加藤剛の方がヤバい奴であることがわかる。

しかし加藤は別にサイコパスな殺人剣士なのではなく、真の武士を追求している男だそうで、若山一刀にまで”真の武士”のお墨付きを貰うのだが、真の武士が罪もない旅の男や母娘を無慈悲に殺すのかよ(苦笑)とは思う。

その後は、若山一刀が女衒を殺した女を庇って、浜木綿子一派に水責めと、縛られてからグルグル回されて棒で叩かれまくる”ぶりぶり”を代行し、呻き声すら上げない根性を浜木綿子一派に怖れられるのだが、その”ぶりぶり”をやってる時のぶりぶりぶりぶり歌いまくる掛け声が中々可笑しい。

若山一刀は、浜の頼みで双子の姉の仇の山形勲を殺すよう刺客依頼を受け、そこからは山形との攻防戦となるが、山形の用心棒の草野大悟のガンマンが、川で溺れる大五郎を助けようとして拳銃を沖に置いてきて、それが大五郎の芝居とわかった直後に若山一刀に斬られるのだが、これはまあ父子の連携プレイと言えば聞こえはいいが、随分卑怯な手ではある。

悪役草野の慈悲の心を、小さな息子に踏みにじらせて叩き斬るというのは、拝一刀らしいと言えばらしいが、ほとんど卑劣な悪役まんまの作戦である。(苦笑)

もう一人の用心棒、和崎俊哉を若山一刀が宙を舞って、和崎の脳天に刀を落とす殺し方などは、「必殺」シリーズを超えている秀逸さである。

それにしても、ラストの地蔵ヶ原での、弓や鉄砲の部隊から、戦並みの数の兵を率いる山形勲軍団VS若山一刀親子2名の対決となるクライマックスはあまりにも圧巻である。

山形軍団が弓をどんだけ撃とうが乳母車がブロックし、鉄砲隊が一斉射撃をすれば、若山一刀は乳母車内蔵のマシンガンで鉄砲隊を蜂の巣に。

迫り来る兵には手榴弾を投げまくり、数が減った兵を刀と薙刀で叩き斬り、臨機応変に宙を舞ってはどんどん斬り殺し、ついには山形勲一人に。

しかし馬に乗って銃を撃ちまくる完全な西部劇ガンマンスタイルの山形に、若山一刀はなんと二丁拳銃で山形を射殺し、山形勲軍団を全滅させてしまうのだから恐れ入る。

ここまでバカを超えた荒唐無稽さだと、笑ってる暇もなく、ひたすら感動を覚えるしかない。(特に劇場の大スクリーンで見ると)

こうした無茶苦茶に荒唐無稽すぎる描写を、今日一番受け継いでいるのは、やはりロバート・ロドリゲスの「マチェーテ」シリーズだろう。

三池崇史の「スキヤキウエスタン・ジャンゴ」は好きな映画ではあるが、バカを通り越した荒唐無稽の迫力という点では、この1972年製作のプログラムピクチャーにまだまだ負けていたなと思う。

その上で最後は、真の武士道を全うしようとする加藤剛と若山一刀の再度の立ち会いで終わり、中々抒情溢れる終わり方をするのである。

それも、介錯した若山一刀に首を撥ねられた加藤の、その斬られて転がる首の一人称主観(と言っても、もう首だけだから死んでるが)ショットを挿入するなどという、最後の最後まで奇天烈なことをやっているのに、それでもラストは抒情に満ちているのである。

これは全編に渡って、三隅研次の山々や川や竹林、草原地帯や岩場などなどの大自然に向けられた鋭いショットに内在する抒情性ゆえではないかと思う。

今なら、まるで北野武と三池崇史が一緒に撮ったような映画に見える。

バカを通り越した荒唐無稽時代劇ではあるが、そのことに映画的感動すらある、素晴らしき一篇。

2018/05/29(火) 00:06:52 東宝 トラックバック:0 コメント(-)

『無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた』




池広一夫『無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた』再見、

御子神の丈吉=原田芳雄は、渡世人の足を一度洗ったが、妻子を惨殺されて、その仇を討つため復讐の旅に出る。

だがいきなり関東八州の親分が集う集まりに乗り込み、仇の井上昭文を殺そうとするが、捕まり殺されそうになる。

実力者の内田朝雄が諌めたため、原田は川に簀巻きにして捨てられるに止まり、なんとか助かるが、その後、関東八州で睨まれるようになり、厳しい旅となる。

だが途中、原田の事情に理解を示す内藤武敏が、内田の娘、中野良子を無事内田のもとに送り届ける仕事を原田に依頼する。

原田はそれを受けて中野と旅立つが、恨みの国貞忠治=峰岸隆之介(徹)が捕まったことを旅中に知り、御上より先に峰岸を殺そうと躍起になっているうちに、中野を連れ去られてしまう。





笹沢左保の原作を映画化した、シリーズ2作目。

御子神の丈吉=原田芳雄はあまりに役に似合っていて、やはりこの股旅シリーズの原田はかなり決まっている。

原田芳雄は復讐の旅に出る男の役が本当に決まる。

この御子神の丈吉の原田芳雄を見ているだけでも満足出来るような存在感である。

その意味では、マカロニウエスタンのような股旅時代劇映画であり、血生臭い描写が多いところも、復讐の流れ者の殺し合いが連続するテンポのいい展開もマカロニっぽい。

内田朝雄はここでは珍しく善玉役で、シリーズ前作から原田を狙う菅貫太郎や、早川雄三、井上昭文、安部徹らが悪役である。

最後は井上昭文を殺して、原田は一部復讐を果たす。

中村敦夫が、同じ笹沢原作の「木枯らし紋次郎」の紋次郎っぽいキャラの謎めいた流れ者、疾風の伊三郎を演じており、お話の本筋にはあまり絡まないが、いい味を出して脇を締めている。

殺陣の立ち回りがスマートなチャンバラではなく泥臭い分、生々しいリアリティとスプラッタ気味の血生臭さがよく出ていて、この題材にはよく合っている。

やたらワガママ娘な中野良子は、普通ならこういうキャラは主役の相手役になることが多いが、意外と途中であっさり殺されてしまい、寧ろ原田の相手役は女郎の市原悦子ということになるだろうか。(しかし絡みのシーンはない)

展開の面白さが際立った、シリーズ一作目の「牙は引き裂いた」も良かったが、こちらもテンポの良い展開、御子神の丈吉=原田芳雄の役にピッタリなカッコ良さ、流れ者のマカロニ時代劇のような血生臭さ、などなど、随所に魅力ある面白さの、秀作な一篇。 2018/05/22(火) 00:06:22 東宝 トラックバック:0 コメント(-)

『君の名は。』





新海誠『君の名は。』再見、

東京に住む高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨地方の糸守町に住む女子高生・宮水三葉になっていた。

逆に三葉は瀧になっていた。

2人はそれを夢だと思いながら、知らない異性の生活を送る。

その後も週に2、3回入れ替わりが起きたため、二人はこれは夢ではないと気づく。

最初は戸惑いもあったが、二人は徐々に入れ替わりを楽しむようになる。

ある日、突然入れ替わりが無くなり、
気になった瀧は、記憶から描いた糸守町の風景画を持って、友人の藤井司やバイト先の先輩の奥寺ミキと共に飛騨へ行く。

だが実は、糸守町は3年前にティアマト彗星の破片の隕石が落ちて消滅していて、三葉の家族や友人など、住民500人以上が死んでいた。

瀧は、その後、宮水神社の御神体が実在していたことから、2人の入れ替わりに3年間のズレがあったことを知る。

瀧は入れ替わりを起こそうと、3年前に奉納された三葉の口噛み酒を飲むが、目を覚ますと、隕石落下の日・朝の、三葉の身体に入れ替わっていた。

瀧は、三葉の友人2人とともに、住民を避難させるため、変電所を爆破し、停電させ、電波ジャックをして避難を呼びかける町内放送を行うが、三葉の父・俊樹らに妨害される。





昨年、超メガヒットし、今後は海外でリメイクされるらしいアニメ映画。

正直、これは大林宣彦の「転校生」と「時をかける少女」と、新海誠的セカイ系アニメと東日本大震災の暗喩が合体した映画だなと初見で思ったのだが、再見してもやはりそう思った。

だから江川達也による批判も、そう的外れなものではないとは思うのだが、しかしどうにも悪く言う気にはとてもなれない映画である。

別にこちとら、RADWIMPの音楽のファンになったわけでもないし、飛騨地方の鉄道風景や町並みがリアルな相貌だとか、東京のパステルライトな街並みが魅力的だとかいう点をそう殊更高く評価しているわけでもない。

また、それぞれのキャラクターにも特別過度な思い入れがあるわけでもないのだが、しかしやはりこの作品が、東日本大震災に対する、多くの日本人の忸怩たる思いと後悔の念のいじましい結晶に見えて、とても悪く言う気にはなれないのである。

隕石の落ちた糸守町は、どう見ても東日本大震災の被災地に見えるので、三葉と入れ替わった瀧が、三葉の飛騨の友達らと派手な避難作戦を決行して、住民を逃がそうとし、その8年後には住民が皆助かっていた、という展開を迎えると、所詮アニメ映画のウソの作り話だとわかってはいても、やはり安堵した気持ちにもなるのだ。

アニメ映画のパラレルワールド設定なんて、所詮、現実逃避の「タラレバ」でしかなく、この映画もモロにその現実逃避の「タラレバ」をパラレルワールド設定にて行っているだけかもしれないし、新海誠的セカイ系路線が、東日本大震災を彷彿とさせたことでリアリティを獲得しただけの作品だと言ってしまえばそれまでである。

だが、震災で亡くなった人々へのレクイエムも必要だが、生き残った者たちへのレクイエムだって必要だと思う。

この映画はそれに成り得ていると思う。

この作品が超メガヒットしたことで、世界的に公開され、リメイクまで進んでいるという、その世界的拡散自体が、世界中で巻き起こり続けている地球規模の大天災後に、大きな喪失感を抱えながら、その後を生きていかなくてはならない、生き残った人々のためのレクイエムになればいいと思える。

野田洋次郎がメインになって作られたRADWIMPの音楽の、あの”優しさ”も、まさにそれに成り得ていると思う。

冒頭の展開がハイテンポな上に、ちょっと錯綜的なので、わかりにくいとも言われているが、テンポがいいので、すんなり設定の世界に入りやすいし、異様な入れ替わり設定自体を大仰に描かず、コミカルに見せているのも妥当な描き方だと思う。

傑作だとか秀作だとか言うより前に、やはりこの作品はどこか、一つの”役割”を背負っているように思える一篇。 2018/01/06(土) 00:06:29 東宝 トラックバック:0 コメント(-)

『サザエさんの結婚』

青柳信雄『サザエさんの結婚』、

サザエ=江利チエミの父波平=藤原釜足とフネ=清川虹子は銀婚式を迎えて、日光へ旅行に行く。
その後、磯野家に下宿しているノリオ=藤木悠の大阪の両親、アチャコと浪花千栄子がノリオの様子を見に上京してくる。

しかしノリオは酒とパチンコ好きの学生で、挙句婚約者までいたため両親は驚くが、サザエが間に入ってノリオは結婚する。

その後、大阪に転勤中のマスオ=小泉博が、親友の結婚式のために上京し、サザエもマスオとの結婚式の参考にと、式に出席するが、そこで会社の上役の志村喬にマスオの東京転勤をお願いする。

後で出すぎた真似をしたと悔いるサザエだが、結婚したノリオに代わって磯野家に下宿した映画女優の雪村いづみと共に志村に会いに行くと、マスオの東京転勤は決まっていると言われ、サザエは喜ぶが、転勤してきたマスオが他の女性=白川由美と買い物しているのを目撃して怒り出す。







長谷川町子原作漫画「サザエさん」の実写映画化作品。

江利チエミは相変わらずサザエ役にピッタリで、今回はマスオ=小泉との結婚までのスッタモンダをドタバタ描いている。

江利チエミが歌うシーンが前作より増え、他にも雪村いづみが朗々と歌い、ダークダックスがコーラスを聞かせ、とミュージカル映画的要素もより濃厚になっている。

そのボーカルが全員堂に入っているので、前作以上にハリウッドのミュージカル映画を彷彿とさせる豊かさとなっている。

そそっかしいサザエの行動が喜劇展開を巻き起こし、それがテンポのいいコミカルタッチで描かれていき、終始飽きさせない楽しき映画になっている。

今作はワカメ役が子役時代の松島トモ子ではなく、サザエの結婚話のドタバタメインだからか、カツオ、ワカメは前作ほど目立たない。

恰幅のいい清川虹子の母フネや、藤原釜足の波平は今回もいい味で、柳家金語楼、由利徹、南利明、アチャコ、三木のり平ら喜劇人もコメディリリーフとして楽しく脇を固めている。

また映画撮影所の場面には、加東大介や宝田明、司葉子に草笛光子、団令子が本人役でチラッと出ている。

結婚が決まり、マスオの故郷の北海道で式を挙げる前の磯野家での祝賀会の様子が最後に描かれるが、ダークダックスの歌声などもそこに加わり、中々幸福感溢れる終わり方をする。

前作よりキャストが少し豪華になり、ミュージカルシーンも増え、その上でテンポのよいコミカル展開も面白い、実写化としてはほぼ成功していると言える愉しき喜劇の一篇。









2017/02/04(土) 00:05:14 東宝 トラックバック:0 コメント(-)

『続・サザエさん』

青柳信雄『続・サザエさん』、

サザエ=江利チエミは、磯野家でそそっかしい生活を相変わらず送っていたが、ある時近所への進物用のおはぎをカツオとワカメ=松島トモ子に食べられて、二人に怒ったりとバタバタしていた。

同窓会に出たサザエは既婚者の友達のノロケ話を聞いて、愛するフグ田マスオ=小泉博のことを思い出すが、その後二人は会い、サザエが思いを告げるとマスオも同じ気持ちだった。

ある日、マスオは母親を連れて磯野家にやってくるが、サザエは額にコブがあり、おまけに隣りで話を聞いていたサザエは、うっかり襖を壊して部屋になだれこんだため、マスオの母親は呆れて帰ってしまう。

サザエは意気消沈してしまうが。





長谷川町子の原作漫画で、後に国民的アニメになった「サザエさん」の実写版。

まだサザエがマスオと結婚する前のお話。

江利チエミのサザエは髪型やコミカルな表情などかなり原作に近く、全体的に軽い可笑しさが溢れ返っていて、クスクス笑える楽しいドタバタ喜劇になっている。

ワカメ役の子役時代の松島トモ子も適役だし、清川虹子の母フネ役も、藤原釜足の波平も中々ぴったりだったりする。

マスオは随分二枚目となり小泉博だが、江利チエミと絡むとわりとマスオさんぽさが際立ったりする。

サザエ役の江利チエミは、途中ミュージカル映画ばりに、ジャズボーカル的に何度か歌いまくるが、さすがボーカルが堂に入っているので、ハリウッドのミュージカル喜劇映画すら彷彿とさせる。

笑いの方もサザエのうっかりぶりだけでも中々面白く、青柳信雄はわりとうまい喜劇にしている。

脇で柳家金語楼や、由利徹、三木のり平などの喜劇人がいい味を出して好演しているし、4コマ漫画の映画化らしく、簡潔でテンポの良い挿話が畳み掛けるように連続し、飽きさせない面白さになっている。

最後はサザエとマスオが結ばれて明朗かつ長閑に終わっていく、わりと喜劇映画としてよく出来ている愉しい一篇。



2017/01/28(土) 05:40:33 東宝 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ