0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「friends after 3.11」

 岩井俊二「friends after 3.11」、

 仙台市出身である岩井監督はネットを見ていてテレビや政府の発表との大きな違いに和感を感じ、震災後同じく疑問を感じている人々にインタビューしていく。

 女優の松田美由紀と共に話を聞き、途中事務所を辞めて反原発を訴える俳優・山本太郎などが登場し熱く主張する。

 

 こういう言い方はちょっと違うとは思うのだが、それでもあえて言うなら、これは岩井俊二の最高傑作ではないかと思う。(この映画にはにそういう言い方がどうも合わないとは思うのだが)

 確かに元々岩井俊二ファンとは言い難いのもあって、最初に流れる音楽が自分の趣味に合わないものだったり、実際の東京マラソンの映像を使って年間3万人の自殺者のイメージにするとかはちょっと悪趣味というか、人の命の尊さを訴えている映画でそれはないだろ、とも思うのだが、それでもこれは素晴らしい作品だと思う。

 もっと言えば、この映画は政府やテレビマスコミが報道を規制し嘘の報道を流したことを徹底的に悪としているが、しかしあの大震災と原発事故が起こった時、もしある程度の規制をせずに報道して、それで日本中が大パニックになり、余計な事故や問題が連鎖的に頻発した可能性も無きにしもあらずではないのかとも思うのだ。

 その愚かな大パニックを報道規制が防いだ部分もあると思うので、この映画に出てくる識者のように単純に報道規制を完全な悪と決め付けることは出来ないと思う。

 それに彼ら識者はもし日本中が大パニックになっていたとしても、責任は取らなくてもいいし、それもやはり政府の責任になってしまう。

 ことはそう単純ではなく、大衆の中には彼ら知的な識者には想像もつかないような大バカがいると思うし、その大バカがパニックになって大暴走してしまうことと政府は闘っていたところはあったと思うし、いわばこの「大バカとの闘いと駆け引き」を政府はかなり慎重に行っていたところはあったと思う。

 だから「危険を煽るな」とここでの識者たちに警告していた人の中には、勿論政府やテレビマスコミ寄りの人もいたろうが、中には報道が全て嘘であることなど知っていて、しかし大衆の中の大バカの存在を感知して危険を察知し、「煽るな」と警告していた人もいると思う。

 この映画には反原発の人ばかり出てきて、彼らはそういう微妙な、というかそう単純にはいかない問題に関してほとんど思慮がないように見える。

 

 しかしである。
 それでも報道はやはり、嘘は嘘なのである。

 

 だから今の時点になって政府やテレビマスコミは嘘をついたことの理由を言い訳がましくてもいいからもっと言うべきなのに、その後まるでそういう対応をしていないことには欺瞞ばかりが残る。

 結局自分たちの保身じゃないかとしか言いようがなくなってくるのである。

 この映画は、その本当は政府やテレビマスコミがつけなくちゃいけない嘘の後始末を、迫害されながら真摯に行っている人たちの記録であると同時に、現在進行形の報道映画でもあると思う。

 それを岩井監督はあくまで現場に張り付き、タイトルにfriends after 3.11とあるように、それぞれ孤立してやるべきことをやっている人たちを映像によって連帯させて、「震災後の友達」の絆を描いているところもある。

 これは被災に遭って孤独感に苛まれている人や、本来は政府やテレビマスコミがやるべき嘘の後始末を真摯に、しかし孤独に行っている人々に対するエールとしての映画であると思うし、震災後を生きる人々が、特に原発推進派こそが見ておくべき映画と思う。(少なくともここで語られていることぐらいは知らないと駄目だという意味で)

その意味でこれは、とても大きな意義のある、素晴らしい一篇。


undo [DVD]undo [DVD]
(2000/11/15)
山口智子、豊川悦司 他

詳細を見る

  2011/10/02(日) 13:46:20 地震関連 トラックバック:0 コメント(-)

震災関連

東日本大地震の被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。


政府や東電の責任がどうの言ってる時ではないとは思うが、自主避難って指示はいかにも中途半端すぎると思うが・・・。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20110329-00000022-jnn-pol
2011/03/29(火) 13:30:48 地震関連 トラックバック:0 コメント(-)

トモダチ作戦ほか

●トモダチ作戦、ネーミングがいいね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110327-00000502-san-soci

腕の「友」の刺繍とメッセージ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/499340/slideshow/402160/
決して「リトルトウキョー殺人課」のドルフ・ラングレンを思い出した、などとは言わないw 

リトルトウキョー殺人課 [DVD]リトルトウキョー殺人課 [DVD]
(2005/11/18)
ドルフ・ラングレン、ブランドン・リー 他

詳細を見る



●自衛隊、遺体の処理で1日1000円割り増し支給、損壊の酷い死体の場合は2000円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110327-00000110-yom-pol

割り増し支給はいい事だが、死体処理で日当1000円割り増し・・・・って・・・・
まあ現実にはこうやって計算するしかないのかもしれぬが・・・。
2011/03/27(日) 13:35:33 地震関連 トラックバック:0 コメント(-)

震災関連他

 東日本大地震の被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。

●江頭さんはやっぱり本物の漢(おとこ)だね。
 
ASAYANや浅草キッドの名著「お笑い男の星座2」の「江頭グランブルー」をモロ思い出した☆
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000038-sanspo-ent

お笑い 男の星座2お笑い 男の星座2
(2003/07/10)
浅草キッド

詳細を見る



●<福島第1原発>作業員被ばくの水 炉水の約1万倍の濃度
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000043-mai-soci

●高放射線量、作業員に周知せず=東電「3人の被ばく防げた」-2号機に真水注入作業
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110326-00000054-jij-soci 

被ばくされた現場の作業員の方の保障を、国家と東電は絶対生涯に渡ってするべき。

2011/03/25(金) 13:13:39 地震関連 トラックバック:0 コメント(-)

震災情報

 東日本大地震の被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。


●女川原発 事故時対策拠点が壊滅 発電所で監視継続
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000006-khk-l04

 津波の被害があった地域だけに、こちらの原発のことも気になっていたが、やはり問題を抱えているようで・・・。
何とか放射線が外部に出ることなく済んでくれるといいが・・。



●近い将来、必ず子供たちの手で、こんな未来の素敵な街が現実に復元するはず!
http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1300941283
2011/03/24(木) 13:59:12 地震関連 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ