0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『シマロン』



ウェズリー・ラッグス『シマロン』再見、

1889年、放浪癖のあるリチャード・ディックスは、オクラホマにて土地獲得レース=グレート・ランに参加するが、後一歩のところで、悪党の情婦エステル・テイラーの策略により、土地を獲得出来なかった。

故郷に戻ったリチャードは、家族の反対を押し切り妻のアイリーン・ダンと息子を連れてまたオクラホマに戻り、オーセージという街で新聞を発行しようとする。

前の新聞発行者は殺されており、リチャードは街の悪党一味の仕業と思い、無法者たちと対立するが、ある日賭博場を教会の代わりにした集まりで、リチャードは悪党のボスを正当防衛で射殺し、その後、昔の友達だったが無法者の強盗を殺して街を救い、一躍名士となる。

しかしまたまた放浪癖からリチャードは開拓の旅に出てしまう。

残された妻のアイリーンは二人の子供を育てながら新聞社を経営するが。







エドナ・ファーバーの原作を映画化したアメリカ開拓史的映画。

第4回アカデミー賞で、最優秀作品賞と脚色賞を受賞している。

調子のいい開拓精神溢れる放浪者のようなリチャードが、次々とアメリカの新しい時代を切り開いていく様が描かれている。

リチャードは放浪し出すと映画から一瞬消えてしまうのだが、戻ってくるとまたまた英雄的活躍をし、絶えずフロンティアスピリッツを見せつけるが、妻のアイリーンがその度に旦那に振り回され、苦労する様も描かれている。

このアイリーン演じる妻は、最初リチャードにオクラホマに一緒に来るよう言われると父母の反対を押し切って行ってしまうのだが、思った以上に荒くれ者の多い街に来たら、最初はやたら怖がっている。

しかしリチャードに発砲した悪党にはブチ切れて詰め寄った挙句、罵詈雑言まで浴びせるという行動に出ており、一体小心者なんだか気が強いんだかよくわからないキャラ設定である。

最終的には、この映画はこのアイリーンの紆余曲折人生のお話のように終わるが、しかし映画全般的には、リチャードの開拓精神とならず者の排除、先住民族への配慮、新聞の発展、平等な人権意識などなどを次々進化させていく姿がメインであり、これはアメリカの民主主義の進化とも重なる。

テンポよく展開していく映画で、西部劇的な銃撃戦も描かれ、最後も議員になったアイリーンの横で、消えていた夫リチャードがまたしても英雄的に人々の命を事故から救い、自己犠牲的な死を迎えてエンドとなる。

アメリカ開拓史映画的な側面があるものの、そう堅苦しくならず、活劇的な要素や様々なドラマが入り込んで面白く見られる佳作な一篇。 2017/03/25(土) 08:03:31 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

『巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5』




中野貴雄『巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5』再見、

メキシコ帰りのストリッパー蒼井そらは、温泉街への巡業を頼まれて田舎町に行くと、そこのストリップ小屋はガラガラだった。

他のダンサーのかすみりさや桜井まり、相川イオ、TAMAYOもやる気がなく、暇つぶしに楽屋から地下道の先にある廃墟へ行くが、そこにはゾンビがいて、相川はそこでみつけた大金を持ち逃げしようとしてゾンビの餌食になる。

ゾンビは蒼井らにも襲いかかるが。





三家本礼原作漫画を映画化した作品。

寂れた田舎町や、その場末のストリップ劇場の雰囲気に、昭和のTV『プレイガール』の地方ロケの回のようなテイストがあるところや、いきなり女相撲が始まったり、無理矢理キャットファイトになる展開が、妙に中野貴雄的である。(苦笑)

そういう監督の個性というか趣味のようなものは出ているが、後はいかにもゾンビものという感じである。

ただ、蒼井と仲の悪い、インテリっぽいというかオタクっぽい桜井まり(吉永まり)が、ゾンビを操るラテン語の書物を読みこなして、ゾンビを暴れさせ、蒼井に対抗してくる展開になるところはちょっと面白い。

しかしそれもあっさりカタがつき、かすみの過去の話からゾンビと戦う挿話の顛末も、何てことなく話が進む。

何故か轢かれるだけの役でいか八朗が出ていたり、最後は大して盛り上がらないゾンビバトルが描かれて終わってしまう。

まあ元々こういう低予算エログロのイロモノ映画は、そんなに大した出来にはならないだろうが、でも後少しで面白くなりそうで、なんだかショボくまとまってしまうという感じを反復しているところが惜しいなとは思う。

蒼井そら以上に、途中から悪役になる桜井まりがわりと好演している。

中野貴雄らしさは多少出ているが、そうつまらなくはないものの、ちょっとイマイチではある一篇。

2017/03/21(火) 00:06:15 その他 トラックバック:0 コメント(-)

追悼 渡瀬恒彦




渡瀬恒彦氏が亡くなった。

お身体が悪い話は聞いていたものの、4月から始まる『警視庁捜査一課9係』の新シーズンにまた主演されるとのことだったので、あまりに急な訃報がとても残念である。

生涯、現役役者を貫徹された方だった。

石井輝男監督作で、東映でのデビュー作『殺し屋人別帳』の時はクールな若者という感じだったが、『唐獅子警察』や『実録 私設銀座警察』、『仁義なき戦い』シリーズや『沖縄やくざ戦争』、ATG映画『鉄砲玉の美学』他などなどの頃になると、芸能界ケンカ最強伝説を彷彿とさせる(子供の頃からガチで強かったらしい)、ギラついたマッドドッグぶりを全開させ、このギラついた狂犬のような渡瀬氏が個人的には一番好きである。

そして東映カーアクションの二大金字塔である『暴走パニック 大激突』と『狂った野獣』に主演し、東映カーアクション最強の俳優だと思ったものだった。

この二作には、日本のアクション映画の可能性が充満していたので、当時から随分思い入れがあり、渡瀬氏もハリウッド映画に負けないカーアクション映画にしようと、『狂った野獣』では渡瀬氏自らバスのカースタントに挑んでおり、それ故に相当に熱気ある傑作になった。

その他、『銀蝶渡り鳥』に続いて梶芽衣子と共演した秀作『ジーンズブルース 明日なき無頼派』や、バイクアクション映画『狂走セックス族』、東映ピンキーバイオレンスの『恐怖女子高校 暴行リンチ教室』や『女番長 感化院脱走』『女番長 タイマン勝負』『女囚やくざ』などにも出演し、存在感を見せた。

空手映画『極悪拳法』や『女必殺五段拳』他では、ケンカ最強にして空手有段者の渡瀬氏の凄みが出ていた。

また90年代に入って、東映B級ハードボイルド探偵映画の秀作『鉄と鉛 STEEL&LEAD』に主演され、もうかなりの大物名俳優となっていたのに、まるで若い頃、ギラギラしながらよく出ていた東映B級アクション映画に帰還されたような好演を見せ、映画も面白かったが、なんだか嬉しかった覚えがある。

TVドラマでも、主演作『大激闘マッドポリス'80』はとても好きだったが、これにはピラニア軍団の若き片桐竜次氏や志賀勝氏がレギュラーの刑事役に大抜擢されているのも嬉しかった。

渡瀬氏はピラニア軍団の助っ人に名を連ねていたし、東映でガッチリ組んできただけに、そのままTVの刑事ドラマで堂々レギュラー同士でコラボしていることが素晴らしかった。

ピラニア軍団の人たちとは、それから何年か経っての『おみやさん』でも、片桐氏他、野口貴史氏や『狂走セックス族』に主演し、渡瀬氏と共演した白井磁郎氏などが出演し、共演していた。

その他、後のTVドラマ主演作での活躍に通じるような、ヒューマンで人情味ある役どころを、松竹の『神様のくれた赤ん坊』や『震える舌』『時代屋の女房』他などで見せていた。

また『セーラー服と機関銃』『化石の荒野』『戦国自衛隊』他の角川映画でも好演していた。

近年はよく、TVドラマでの主演を精力的にこなされていたが、そこでも西村京太郎原作映像化ドラマでの、十津川警部役は見事なハマり役だったし、『おみやさん』や『世直し公務員 ザ・公証人』シリーズ他なども好きだった。

兄の渡哲也氏とのドラマ共演作も、お互いの個性がよく出ていて良かった。

4月からの『9係』新シーズンには、渡瀬氏自身思い入れがあったようで、復帰を熱望されていただけに、お早く亡くなられてしまったのは実に惜しい。

しかし、生涯現役役者として俳優を全うされた、素晴らしき名優だった。

渡瀬恒彦さん、ご冥福をお祈り致します。







2017/03/18(土) 00:07:15 R・I・P トラックバック:0 コメント(-)

『お天気キャスター・彩』

藤原健一『お天気キャスター・彩』、

川村愛子は、深夜番組にエッチなコスプレをしたお天気お姉さんとして出演していた。

佐藤幹雄はそんな川村にいつもファンレターを書き送り、川村はそれに励まされていた。

川村は日々、先々のことが不安だったが、ある日プロデューサーの稲葉淩一にキャスターとして出世させることを条件に自分の愛人になるよう打診される。

川村がそれを受け入れると、稲葉の尽力が効いて、深夜から徐々にお昼の番組のお天気キャスターに出世していくが、それに嫉妬した高橋りなに嫌がらせを受けるようになる。

川村は佐藤からのファンレターを励みにそれを乗り越え、さらに華々しく活躍していくが。




お天気キャスターの出世話を描いた作品。

川村愛子はおっとりした顔立ちが、夢はあるがそれほど邪心のないキャスター役に合っているし、愛人契約や嫉妬による嫌がらせを乗り越えて精神的に強くなり出世していっても、そのおっとり感があんまり変わらない感じに妙なリアリティがあり、わりと好演している。

稲葉淩一のプロデューサーもそう悪役というわけでもない、いかにもいそうなプロデューサーという感じで悪くない。

佐藤幹雄のファンレターを送り続けるファンも、最初川村の元彼のように描かれているが、後半川村の窮地を救い、対面すると、別のドラマがあることがわかり、そこで川村と照れながら素っ気なく語り合う描写が中々いい。

結局川村は淡々と出世していくのだが、その合間に淫靡な条件や卑劣な試練などがあり、その度に煩悶するものの、徐々にそれに清諾合わせ飲んで立ち向かい、試練を乗り越えていく展開となり、そう綺麗事の成功話が描かれているわけではない。

しかし川村はそれで汚れた女になっていくわけではなく、佐藤が望んだような初心を貫徹したキャスターになっていくところがわりといい。

そういう意味では、意外にドラマ性のある青春映画になっている。

佐藤と川村が簡単に結ばれるような短絡な恋愛展開にもならないし、愛人契約を結ぶ稲葉とありがちな淫靡関係になるわけでもない。

あくまで川村が、汚れた現実に煩悶しながらも、それに立ち向かって乗り越えていき、精神的に強くなっていく女の生き様がメインに描かれ、それでいて元々の初心を川村も佐藤も忘れていないという爽やかな終わり方をする青春映画になっている。

そんな中々悪くない佳作の一篇。 2017/03/14(火) 00:06:35 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

『あばしり一家 THE MOVIE』




石井てるよし『あばしり一家 THE MOVIE』、

近未来、あばしり一家の菅田俊、外岡えりか、なべやかん、神威杏次、イジリー岡田は、凶悪な犯罪者一家としてマークされていたが、ある時捕獲され、治外法権の無法地帯=日本国番外地に収容される。

そこで一家は散りじりになり、全員記憶を消されて虐げられていた。

外岡は転校生の吉川まりあが不良たちにイジめられるのを助けようとしていたが、暴力行為におよぶと何故かいつも激しい頭痛が起こるのだった。

だがイジリー岡田には過去の記憶があり、一家は徐々に繋がりだし、記憶を回復していく。




永井豪原作漫画の映画化作品。

永井豪の原作は、まあ『ハレンチ学園』は日活プログラムピクチャーになったし、『デビルマン』や『キューティーハニー』はそれなりの規模で映画化されているが、『けっこう仮面』は随分小ぶりな映像化だったし、この『あばしり一家』も子供の頃、かなりの人気漫画だったはずだが、それにしては、上映時間70分の随分こじんまりした映画化である。

まさかこんな地味に、B級キャスティングで小さく映画化されてしまうとは正直思わなかったのだが、だからそれはエロシーンを一杯入れてるから故か、と思っていたのだが、しかしそんなシーンは全く多くなく、寧ろこれが永井豪原作か?と言いたくなるほどその手のシーンは控え目である。

ただ小さく映画化されても、井口昇が監督した『おいら女蛮』のように秀作になることもあるので、一概にそれが悪いとは言えないわけで、この映画もB級キャスティングとは言え、全員役にちゃんと合っているし、それほどつまらなくはない。

寧ろ大きく映画化しすぎて『デビルマン』のようになってしまうよりはマシか、とも思える。

一家の面々は、前半は虐げられて受難の時間が流れるが、一家が繋がりだし、記憶を回復すると派手に暴れ出す展開となり、ここで過去の悪業の数々を思い出すことで一家が復活するという展開がこの作品らしい。

ただそれが、国家権力との戦いであるという描写はあまりに付け足しっぽくて、さっぱり説得力がない。

たとえば、かっての鈴木則文の出鱈目な漫画チック喜劇映画は、どれだけ無茶苦茶でバカバカしい描写の連続であっても、権力との対決という描写にはかなり意味深な皮肉をかましていたものだが、この映画はその点がかなり無頓着というか薄味すぎる。

つまらなくはないのだが、映画全体のこじんまり感と物語としての深みの無さはやはりイマイチにも思える一篇。 2017/03/11(土) 00:05:10 その他 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ