0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『ストリート・ファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』




アンジェイ・バートコウィアク『ストリート・ファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』、

春麗(チュンリー)は父母と幸せな生活を送っていたが、ある日、屋敷を訪れたベガと部下バイソンが父を誘拐する。

その後美しく成長した春麗=クリスティン・クルックは子供の頃から憧れていたピアニストとなり、病気を抱える母を支えて生活していた。

ある日、公演を終えた春麗のところに謎の絵巻物が届いたため、それを解読しようと古本屋の女主人に見てもらうと、女主人は「バンコクへ行き、今の生活を捨ててゲンという男を捜せ」と春麗に告げる。

母が死んだ後、バンコクへ旅立った春麗は貧民街のストリートで生活してゲンを探すが、中々見つからなかった。

だがある日、チンピラが老人を襲うところを見て、春麗は父から教わった中国拳法でチンピラたちを退治するも、それまでの疲労の蓄積から倒れるが、目を覚ました時声を掛けてきた男はなんとゲンだった。

ゲンは元はベガの親友で悪かったのだが、改心してベガと別れ、弱者のために戦う”スパイダーウェブ”を組織していた。

実はゲンは、春麗を密かに自らの元に導き、見守っていたのだった。

父がまだ生きていて、その広い人脈をベガに利用されている事を知った春麗は、父と再会したがるが、ゲンは、まず怒りを消して冷静になり、真の強さを手に入れろと春麗を諭す。

教えを受け入れた春麗は、心を鍛え、拳法の腕を上げていく。






カプコンの対戦型ゲーム「ストリートファイター」シリーズのキャラ、春麗を主役にしたアメリカ映画。

いかにもゲーム映画っぽいストーリーボードの上を、ひたすら流れていくような映画である。

そもそもゲームのストーリーというものは映画のストーリー展開の模倣だと思うのだが、その模造品のストーリーを映画が逆になぞり直すと、どうにもわざとらしい感じが否めない映画になってしまうことが多い。

だからどうしても不自然さが付きまとう”ゲームっぽい”映画になってしまう。

三池崇史をもってしても、「龍が如く」は極めて不自然な”ゲームっぽい映画”になってしまっていたし、まあそうなりやすい傾向が強いのだろう。

別に主役の春麗=クリスティン・クルックは好演しているのだが、そういう元々の不自然さが延々邪魔に感じられる映画である。

あれだけ恋い焦がれていた春麗の父が、後半あっさり春麗の目の前で殺されてしまうのだが、ゲームの映画だからか、やたらに展開優先で、父を目の前で失った春麗のショックや悲しみは極めてテキトーにしか描かれない。

元は悪の手先だったゲンが、改心した心理的プロセス描写もロクに描かれず、ただ設定上、善玉にキャラ設定が変わっただけみたいになっているところも不自然である。

悪人とは言え、親友だったベガとの葛藤すらロクに描かれず、ゲンのキャラ設定が変わったから、ただの善対悪の対決としてしか描かれないテキトーさである。

なんでも設定、設定、キャラ変更したらそれまでの心理的内実全部無視してバトル展開が描かれていくだけの、ゲーム特有のクソつまらなさが不自然さとして顕れまくっている映画である。

こんなもんゲームでやってろ、と言うしかないが(苦笑)、まあ一応役者陣が悪くないし、アクションが展開するので物凄く退屈というわけではなく、それなりには見ていられる一篇。 2018/05/26(土) 00:05:15 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

『無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた』




池広一夫『無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた』再見、

御子神の丈吉=原田芳雄は、渡世人の足を一度洗ったが、妻子を惨殺されて、その仇を討つため復讐の旅に出る。

だがいきなり関東八州の親分が集う集まりに乗り込み、仇の井上昭文を殺そうとするが、捕まり殺されそうになる。

実力者の内田朝雄が諌めたため、原田は川に簀巻きにして捨てられるに止まり、なんとか助かるが、その後、関東八州で睨まれるようになり、厳しい旅となる。

だが途中、原田の事情に理解を示す内藤武敏が、内田の娘、中野良子を無事内田のもとに送り届ける仕事を原田に依頼する。

原田はそれを受けて中野と旅立つが、恨みの国貞忠治=峰岸隆之介(徹)が捕まったことを旅中に知り、御上より先に峰岸を殺そうと躍起になっているうちに、中野を連れ去られてしまう。





笹沢左保の原作を映画化した、シリーズ2作目。

御子神の丈吉=原田芳雄はあまりに役に似合っていて、やはりこの股旅シリーズの原田はかなり決まっている。

原田芳雄は復讐の旅に出る男の役が本当に決まる。

この御子神の丈吉の原田芳雄を見ているだけでも満足出来るような存在感である。

その意味では、マカロニウエスタンのような股旅時代劇映画であり、血生臭い描写が多いところも、復讐の流れ者の殺し合いが連続するテンポのいい展開もマカロニっぽい。

内田朝雄はここでは珍しく善玉役で、シリーズ前作から原田を狙う菅貫太郎や、早川雄三、井上昭文、安部徹らが悪役である。

最後は井上昭文を殺して、原田は一部復讐を果たす。

中村敦夫が、同じ笹沢原作の「木枯らし紋次郎」の紋次郎っぽいキャラの謎めいた流れ者、疾風の伊三郎を演じており、お話の本筋にはあまり絡まないが、いい味を出して脇を締めている。

殺陣の立ち回りがスマートなチャンバラではなく泥臭い分、生々しいリアリティとスプラッタ気味の血生臭さがよく出ていて、この題材にはよく合っている。

やたらワガママ娘な中野良子は、普通ならこういうキャラは主役の相手役になることが多いが、意外と途中であっさり殺されてしまい、寧ろ原田の相手役は女郎の市原悦子ということになるだろうか。(しかし絡みのシーンはない)

展開の面白さが際立った、シリーズ一作目の「牙は引き裂いた」も良かったが、こちらもテンポの良い展開、御子神の丈吉=原田芳雄の役にピッタリなカッコ良さ、流れ者のマカロニ時代劇のような血生臭さ、などなど、随所に魅力ある面白さの、秀作な一篇。 2018/05/22(火) 00:06:22 東宝 トラックバック:0 コメント(-)

追悼 星由里子




星由里子さんが亡くなった。

亡くなった今でも流れている、健康食品としてのコーヒーの通販CMで随分お元気そうにされていたのに、残念である。

近年では「科捜研の女」のマリコ(沢口靖子)の母役が印象深いが、若い頃は「若大将」シリーズ、「新網走番外地」シリーズなどに出ていたアイドル的な美人女優だった。

やはり若大将シリーズのヒロインというのが代表作だろうか。

その他、鈴木英夫の、徐々に逞しいバスの車掌になっていく「暁の合唱」や、「旅愁の都」「サラリーマン目白三平 女房の顔の巻」でも好演していた。

岡本喜八映画や、「若大将」シリーズの相手役・加山雄三=刑事の妻を演じた「恐怖の時間」でも良かった。

また「世界大戦争」、名作「父子草」や、爽やかな恋愛映画だが、絶えず不信感から不安な表情を浮かべていた「B・G物語 二十歳の設計」でも妙にサスペンスフルな好演を見せていた。

「モスラ対ゴジラ」他の怪獣特撮や、成瀬巳喜男の「妻として女として」「女の座」、「国際秘密警察 火薬の樽」や、高島忠夫の相手役の「乾杯!サラリーマン諸君」他などなどでの好演も印象深かった。

「刑事物語3 潮騒の詩」では、「科捜研の女」で娘役の沢口靖子と共演していた。

お嬢さん的な品の良さと芯の強さが同居した美人という個性は、老いて尚、健在だったように思う。

東宝という映画会社の個性を代表するような美人女優だったという印象も強い。

星由里子さん、ご冥福をお祈り致します。







2018/05/19(土) 00:06:54 R・I・P トラックバック:0 コメント(-)

『狂犬と呼ばれた男たち カリスマヤクザ』




浅生マサヒロ『狂犬と呼ばれた男たち カリスマヤクザ』、

三代目組長・小沢仁志は、縄張で暴れていたため子分にボコボコされ、尚悪態を吐く若者を見ていて、ある男のことを想起し、その男の話をし始める。

その男=独立系組織の若頭・本宮泰風は、やたらとケンカが強いステゴロの帝王だった。

組長の渡辺裕之は、本宮の強さに惹かれる若者に盃をやり、組員にして勢力拡大しようとする。

ある日、縄張内にきな臭い噂のクラブを見つけ、本宮は様子を見に行くが、そこは日本最大の組織が経営する店だった。

だが本宮は気にせずに喧嘩で相手を叩きのめすのだが、それが組の悲劇に繋がっていく。





伝説のステゴロ最強ヤクザを、回想形式で語った作品。

いつもは、クールで分別がありその上で強い役が多い本宮泰風が、ここではやたらと暴力的でなんでもステゴロで片付けようとする武闘派ヤクザを演じている。

あまりの本宮の喧嘩の強さに周りは引くどころか皆魅了され、子分になりたがるが、しかし本宮は状況も組織の力関係もお構い無しにステゴロ勝負して暴れるため、徐々に大きくない独立系組織崩壊の危機を招くことになる。

子分はバンバン殺され、焦りだした本宮は、最後に単身殴り込みをかける。

回想形式でなく語れば、一昔前のヤクザ映画なら普通の展開と言える。

しかし回想形式にしているのは、その一昔前のヤクザ映画の展開が、現実的には無謀な組織破壊に繋がるということを踏まえているからだろう。

それによって伝説のヤクザの悲劇性も高まり、中々エモーショナルなテイストが秀逸な作品になっている。

結局本宮の組は崩壊してしまうのだが、しかし、現実的視点から見て本宮を否定しているわけではなく、やはりステゴロヤクザの本宮は伝説の男であり、単に引退したように見えた組長の渡辺裕之の最後の行動も、隠れた伝説的な生き様として描かれている。

赤井英和は、Vシネで最近よく関西の悪役的ボス役を演じているが、ここでも好演している。

いつもより暴力的でキレやすい設定の本宮泰風も役によく合い好演している。

語り部的な小沢仁志は、途中から回想話にも仲裁役として登場するが、今回は終始冷静なキャラの役どころである。

エモーショナルなテイストが独特の情緒を生み、それが作品自体のトーンを決めている、わりと佳作な一篇。 2018/05/15(火) 00:43:14 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

『岸辺の旅』




黒沢清『岸辺の旅』再見、

深津絵里は、3年前に夫の浅野忠信が失踪し、その喪失感に苛まれていたが、やっと子供にピアノを教える仕事を再開する。

だがある日、浅野がふらりと突然帰って来て「俺、死んだよ」と告げる。

浅野は妻の深津に「一緒に来ないか、きれいな場所があるんだ」と言い出し、深津は浅野と2人で旅に出る。

それは浅野が失踪中の3年間にお世話になった人々を訪ねる旅だった。

しかし最初に訪問した、寂れた新聞配達店・店主の小松政夫は浅野と同じ死者で、そのことに気づいていなかった。

旅の途中、浅野と深津はお互いの愛を再確認していくが、二人の永遠の別れの時は徐々に近づいていた。




湯本香樹実の原作を黒沢清監督が映画化した、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞受賞作。

この映画はやはり、かなり素晴らしい。

何が素晴らしいかって、物語は明らかに夫婦のヒューマンドラマなのに、そこに浅野忠信他死者が日常に出てくるだけで、それがただの設定では終わらず、そんじょそこらのホラー映画が太刀打ち出来ないくらいの、かなり本格的なホラー映画にして、かなりの正統な映画になっているからである。

だいたいヒューマンドラマに死者や幽霊が出てきても、ただのキャラ設定にすぎない描き方になっている映画が圧倒的に多い。

またはホラー映画の中でヒューマンドラマが描かれても、それはホラー映画というジャンル内の人間ドラマパートという風に描かれることが圧倒的に多い。

しかしこの映画は、ヒューマンドラマに幽霊キャラが出てくるだけでなく、ちゃんと映画自体が本格的な正統派ホラー映画になっている。

同時に、正統派ホラー映画としての怖さが、そのままヒューマンドラマを突き抜けたものにも繋がっていく。

または、ヒューマンドラマを突き抜けていく怖さが、そのまま正統派ホラーとしての怖さにリンクして、それがそのまま正統派の映画的な映画そのものを体現していたりする。

死者が蘇る主人公の設定は黒沢作品だと『ニンゲン合格』を想起させるが、この映画とは、途中浅野が語る、”無意味なことは単に無意味なのではなく、無意味が世界の基本なのだ”という講話によって通底し合っているように思える。

特に、さっき懇意になった小松に、買い物中の深津が声をかけても無視され、その後不穏なものを感じた深津が、新聞配達店に戻ってから、ガッツリ本格ホラー映画のヤバさが顕現し出し、それがそのままヒューマンドラマに生成してしまう、シュールなまでに底の抜けた世界が視覚化されているのは圧巻である。

浅野忠信が”死んでいるのに生きている”人間を、自然体で演じているのは、ほぼ神技に近い。

それを受ける深津絵里が、いつも以上に、内にエモーショナルなものを秘めた演技をしているのも秀逸である。

また浅野の生前の浮気相手の蒼井優と、妻の深津が、対決的に対面する場面のスリリングなダイアローグも、皮肉で鋭い描写になっている。

村岡希美の死んだ妹に後悔の念を持っている姉のハマり役ぶり、または奥貫薫の死者の夫を断ち切れず、自身も死者のような存在感になっている姿態などなど、役者陣が皆脇の脇まで見事に個性豊かな好演をしているのも素晴らしい。

映画としての正統ぶりが、ヒューマンドラマを実に映画的に成立させ、それがそのまま本格的なホラー映画になっている。

その本格的ホラー映画としての怖さが、映画自体の正統性故の怖さでもあるという、なんとも得難いことを成立=達成している、極めて稀有な傑作と言える一篇。




2018/05/12(土) 00:30:08 その他 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ